フランスの歌番組「ザ・ヴォイス」で「ハレルヤ」の歌を聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラビア語のニュースを拾い読みしていましたら、あんまりみかけない映像に出会いました。

 

スカーフを頭に巻いている女性でフランスに在住っていったらアフリカの衣装かイスラーム系の人だとおもいます。

 

いったいどんな歌を歌っているのだろうと思って、映像をカチリ。

 

最初はフランスの歌番組だからフランス語かな?と思ったのですが、英語でした。

 

「ハーレルーヤ」とうたっています。

 

審査員の人たちが次々と歌に感動

 

こういった歌番組では、審査員の人たちが最初はどんな人がうたっているかわからないように後ろ向きです。

 

歌声をきいて、どうしても聞いてみたい気になる、そういった状態になったら、目のまえにあるボタンをバシン!と押します。

 

椅子がクルリと後ろをむいて歌っている人を見たときの表情をカメラがとらえます。

 

審査員の人たちがまた一人、また一人と歌声に誘われるように椅子を回転させて歌っている人の姿を目にしました。

 

途中で歌が英語からアラビア語に代わります。どうも彼女はシリア出身のフランス在住の女性のようでした。

 

ハーレルーヤの意味は?

 

「ハーレルーヤ」っていったいどんな意味かな?と思いましたヘブライ語で「神をほめたたえよ」という意味になるそうです(ウィキペディア参照)

 

途中で、アラビア語になったときに、「ヤーイラーヒー」というのはもっとシンプルな意味で「神よ」とよびかけています。

 

そしてカメラがズームしていってとらえたのは彼女の手でした。

 

右の手はマイクを持っています。

 

左の手はすこし手のひらをくぼませるような形にして上にむけています。

 

これは、イスラム教徒の人が神様にお願いごとするときやお祈りをささげるとき、にする仕草のうちの一つです。

 

右の手にマイクをもっていなければ、両手の平を合わせて体の前にもってきて、手のひらを上に向ける形になります。

 

いつも私もお願いごとをするときには、このように手のひらをくぼませて、手のひらを天にむかってします。

 

礼拝とは違って、いつでもどこでも、どんな状態でもこのようにお祈りやお願いごとをすることができます。

 

la plus belle voix

 

フランス語で、美しい声!というタイトルがはいっていました。

 

la plus belle voix
 

編集後記

 

アラビア語ってなかなか身近で学ぶチャンスって

ありませんね、、、

 

そこで、一日一文字からメールで

学べるアラビア語の音と形と書き方が学べる

メルマガをつくりました。(無料講座です)

良かったら登録してみてください

 

 ↓↓

アラビア語の世界への初めの一歩