フランス語の語彙をできるだけ早く増やすコツというのはある程度あると思います。

 

それは、フランス語の単語がながったらしいときは、切ってみてその元にある意味を考えるということです。

 

フランス語の「財宝」という意味をもとに考えてみる

 

例えばtrésor  トレゾールと読みます。

 

日本語のカタカナにはすべて、母音がありますので、一つひとつの音がフランス語よりスピードが遅くなります。

 

その分、点々のついた文字には重みがあるものととらえられる傾向があって、「トレゾール」ときくと

 

思わず、虫がでてきたときに「ぷしゅーーー」とやりたくなるそういった類の毒薬系スプレーかとも思うわけです。

 

でもフランス語では Tre で大体一拍、 Sor のおとも、最後のR がのどのほうに落ちるかすれた何とも言えないフランス語っぽい音になるので、もっと素敵な音になります。

 

ボンジュールというあいさつにも、Rがつかわれています。以前ボンジュールをステキに発音するためにという

記事を書きましたのでよかったら参考にしてください。
 

フランス・パリ旅行ですぐに使えるフランス語のあいさつを学ぼう

フランス・パリ旅行ですぐに使えるフランス語のあいさつを学ぼう

フランス人もびっくりする、フランス語で「Bonjour」というコツを伝授します。ポイントは3つあります。フランス、パリ旅行にいったらすぐにつかえるフランス語のあ...

投稿 2017/05/15

そんな、ぷしゅーっとやるような毒薬ではなくて、きっともっと違う印象の意味がフランス人の耳にはあるはずなのです。

 

これ以上引き延ばしても意味がないので、trésor  の意味は宝、財宝 という意味があります。

 

tres  超えて 強く

 

or   金 黄金

 

金がより強くなった?

tre ではなくて triー3つ    三つの金 三種の神器?とかいろいろと連想は膨らみますが

 

まあ、金がたくさんあった状態があってそれが 財宝という言葉になったと想像ができます。

 

フランス語だけでなく漢字にもRadicalという要素がある

 

なので、この漢字でいうところの組み立ての最小単位をしっている数が多いと、知らない単語がでてきたときに類推しやすくなります。

 

同時に覚えるときもとても頭の中でイメージしやすいので覚えやすくなるのです。

 

最近はスマホなどで、機械が漢字を覚えてくれるから手で書かなくても自動的に漢字をアウトプットできてしまいます。

 

なので小学校では「漢字のなりたち」を意識するような漢字の覚えかたを推奨するところもあります。

 

宝という感じも ウカンムリ のしたに 玉 という感じがありますが、玉というのは中国において碧玉という意味があって

高価な宝石にあたるようです。

 

最後にまとめですが、

 

フランス語の単語を覚えるときには、時間があったらですが 「接頭辞」や最小単位で意味が取れる部分を意識するようにすると、

単語を覚えるスピードが速くなります。

 

解からない単語に出会ったときも、意味を類推することができるようになります。

 

スポンサードリンク



編集後記~

 

最近はアラビア語について何かまとめようと思って、ぼちぼちとまとめ始めたのですが。

 

どこから始めようと考えたときに、ミームというアラビア語の字が思い浮かびました。

 

ミームの文字の形はヒエログリフの蛇の形にもにています。

 

ミームという M の音を表すアラビア語の文字には働きがあって、単語の頭につくと場所やそのものがたくさん集まっているという意味をつくりだすことができます。

 

そのほかには 時、道具を表すようになります。

 

こういった一つひとつの音には大まかに意味が割り当てられていて、

 

その意味を把握すると単語がイメージできるという不思議な性質をもっているのが

 

アラビア語だともいわれています。

 

またそんなフランス語とアラビア語と日本語をいったりきたりするような話をしたいと思います。

 

そんなの書いてどうなるの?と思われるかもしれないんですが、書いているうちに解かってくることもあるとおもうので、それをはっきりさせるためにも書こうと思います。

 

 興味のある方はこちらの無料メルマガに登録してみてください。

 

  ↓

美しいフランス語と秘密のフランス語