フランス旅行で絶対にはずせない名所は?~エッフェル塔に登りたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
    follow us in feedly
フランス旅行で絶対にはずせない名所は?~エッフェル塔に登りたい

エッフェル塔に行く方法

 
 

エッフェル塔はどこに立っているのでしょうか、まずはエッフェル塔の立っている場所を知っておきましょう。

エッフェル塔はフランス語で La tour Eiffel といいます。

フランスに行く前にフランス語に親しんでみたいかたは、気になる言葉をぽいっとGoogleで調べてみるといろいろな発見があって面白いです。
 

 

 

 

La tour Eiffel の所在地は: 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris

 

google mapではエッフェル塔付近の道を歩いているような映像を見ることができます。
 

 

 

 

エッフェル塔に一番近いメトロは

 

ビラケムという地下鉄の駅があります、Google Map のちょうどエッフェル塔を真ん中にして左下付近にあります。

ビラケム駅を降りてすぐにあるわけではなくて、多少歩きます。
もう一つ駅があって、ビラケム駅の一駅前のPassy駅です。
 

ビラケムとパッシーだったらどっちが近いといわれれば、ビラケム駅なのですが、パッシー駅でおりるとセーヌ河をわたってからエッフェル塔にいくことになります。
 

フランス旅行の日程にもよるかもしれませんが、できるだけいろんなところを歩いてみたいという人には、セーヌ河にかかっている橋を渡るという体験ができます。
 

パッシーからエッフェル塔に行く道にかかっている橋は、パッシー駅よりにある橋はPoint de Bir-Hakeim です。橋をわたってからセーヌ河沿いに歩いて、エッフェル塔にいきます。
 

もう一つの橋は point d’Iéna という名前で、パッシー駅から遠くになりますが、橋をまっすぐわたるとそのままエッフェル塔の立つ場所までいけます。
 

 

エッフェル塔にたどりつくには

 

 

エッフェル塔にたどりつくには、メトロを利用してそこから歩く方法、タクシーにのる方法、あとは、自転車タクシー ”Velo Taxi”というのがあります。
 

Velo Taxi の運賃の相場は1Kmあたり1EURO~2EURO だそうですが、自分でちゃんと交渉して乗るようにしましょう。
 

歩くのとVELO TAXIとどれぐらいのスピードの差があるのか気になるところですが、VELO TAXIの乗っている雰囲気を味わってみましょう。
こんな感じです。
 

 

 

VELO TAXIの運転手の方は、乗客の方といろいろな話をしているような雰囲気です。
 

片言の英語や簡単なフランス語で会話を楽しんでみようという冒険心のある方にとってはいろんな話をきける機会かもしれません。

 

運転手の方にもいろんな人がいるでしょうね。出会いを楽しむ気持ちを持てばなんでも発見はあります。
 

 


 

 

エッフェル塔への入場料は?

 

エッフェル塔への入場料は年齢によって細かく分かれています、ハンディーキャップのある方の料金とその付き添いの方の料金、求職中などで違います。
 

 

ハンディーキャップであるとか、仕事を探している最中であるということをどうやって証明するのかは詳しくわかりませんでした。
最上階までエレベーターを使う場合の料金は
 

 

Adulte 大人 17ユーロ

Jeune 12-24ans 子供(というには24歳とかって学生までということでしょう)14.5ユーロ

Enfant- de 4ans  無料

Enfant 4-11 ans  8ユーロ

Handicapé 8ユーロ

Handicapé Accompagnateur 8ユーロ

Demandeur d’emploi 8ユーロ

 

 

エッフェル塔への入場は予約がおすすめ

 

エッフェル塔の公式のサイトで予約ができます。
 

英語に切り替えができるので、英語なら大丈夫という方はぜひ挑戦してみてください。
 

エッフェル塔の事前チケット予約サイト

今予約を入れてみたのですが、満席、、結構人気があるようなので旅行前2カ月とか3カ月など

余裕をもって予約するのが良いようです。
 

料金は事前にカードで決済が必要。チケットは、オンラインでE-プリントができます、家にプリンターがない場合は後日プリントされたものを郵送するなどの選択が可能。
 

次回はチケットをフランス語で予約するには?を
やってみたいと思います。