• このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜフランス語を学んでいるかという質問

 

フランス語をなぜ学んでいるのですか?

 

という質問をフランス語講師のかたから何度も質問されました。

 

フランス語をなんで学んでいるのですか?

 

という質問は単なる会話のきっかけに過ぎないのですが、、

 

答としてでてくる言葉は「楽しいからです。」

 

「フランス語を学んでみたかったからです。」

 

ということがまずでてきます。

 

なぜフランス語を学んでいるか~答

 

会話のきっかけとしてもしこの言葉がでてきたら、

 

フランスの人「フランス語をなんで学んでいるんですか?」

 

私「楽しいからです。」

 

フランスの人「どこらへんが楽しいですか?」

 

私「日本語は聞きなれてしまっていて、普通にいるとあまり感動とかないのですが、

フランス語は音が面白いと思います。」

 





 

言語を学んだ先に見えてくること

 

 

そんな感じで会話は進んでいくんでしょうな。

 

学んでいる言葉があったとして、最終的にいきつきたいのはやっぱり自分のいいたいことを話すとか、

 

その言葉がはなされている地域にいったらその言葉をつかってみたいとか。

 

いまはその言葉を使う現実的な場面はないけれど、その言葉をつかっているうちに、

 

現実のほうが向こうからやってきた、いや自分のほうから近づいていったのか。

 

ということは過去に何度かあったなとおもいます。

 

最初から外国語=英語が得意でなくても大丈夫だった

 

 

じっさいこのフランス語をいまなんで学んでいる?というところを

 

何度も何度もいったりきたりしていたら、実は私は外国語がまったく好きでも、得意でもなかったことを思い出しました。

 

日本以外の国に旅行したいという淡い夢は中学生のころに、妹尾河童さんの本をよんで持ちました。

 

中学校の下駄箱には、「6カ月英語留学」の張り紙がありましたが、きっとうちにはそんな余裕ないからなと何度もため息をついていた思い出があります。

 

外国語が苦手だけどその向こうにみえる世界

 

 

でも本当にいきたかったら、親にまずいっていただろうし、親にいったことはありません。

 

他に理由があったんですね、、外国語=英語が得意ではなかったから一歩を踏み出す前にあきらめていたんです。

 

外国語ができないから、でも少しでもできるようになればと逃げ腰ながらもその苦手と表裏一体の先にあるあこがれの「外国旅行」

に惹かれつつ、そろそろ前進することになりました。

 

そしたら一度いってみたかったエジプトで働いたり、住んだり、言葉を学んだり、ということにつながってきました。

 

たった一歩だったのに、そんなことになるなんて自分でも創造がつきませんでした。

 

外国語の引き寄せの法則

 

そうかもしれない。

 

アラビア語なんて全然縁のなかった言葉をこうやって日常的につかうというのは、

 

まさに外国語の引き寄せの法則かもしれない。

 

それでだから?というわけなのですが、

 

外国語がとくじゃないけど~アラビア語に興味ある人へのメルマガ
 ↓
アラビア語に興味ある人へのメルマガ(ときどきフランス語)

アラビア語はいいです、フランス語の学習について知りたいです。

という方にはこちらの記事が語彙増強に役立ちます。

 ↓
語彙を増やすコツ