カテゴリー:アラビア語練習帳シリーズの記事一覧

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

  • アラビア語練習帳シリーズ
カテゴリー:アラビア語練習帳シリーズ
アラビア語の楽しみ方~見たことのない線を描く
アラビア語の楽しみ方~見たことのない線を描く

 

アラビア語の楽しみ方は本当にいろいろあるのです。

 

今日は、だれでも楽しめる簡単な方法をお伝えします。

 

それは、文字です。

文字というのは、これはいうなれば誰でも使うことのできる「人類の宝」

 

「歴史の宝」といってもいいのではないでしょうか。

 

文字というのは、時間を経てなくなってしまったり、増えていったり、変化を続けています。

 

今この時代に使われている文字の形は、そんな歴史の一場面のなかにおいてもっとも、磨き上げられた形をしていると思ってはいけないでしょうか?

 

子供のころに、川や海で石や貝殻を探したことはないですか?

 

とても艶やかに角がそぎ落とされ、雲母や石英などが自然によって模様を作り出している石。

 

時間が作り上げた美しさをそこには見ることができます。

 

文字にもそれと同じ自然の美が備わっていると感じずにはいられません。

 

文字とアート

 

文字というのは、生活の中で人間の営みを円滑にするために、大量に便利に使われています。

 

そういった一面もあれば、ゆっくりと時間をかけて、書き手の心を載せるべく描かれる文字もあります。

 

今回は、そちらの書き手の心と一緒に描かれる文字としてのアラビア文字についてです。

 

はじめて、ひらがなを書いたときの気持ちって覚えていますか?

 

私は、保育園のときに紫色の小さなキキとララののっているノートをプレゼントでもらったことがあります。

 

そこに、「の」という文字を何個もかいてみたり。

 

自分の名前を、母親に漢字でかいてもらってそれを一生懸命写したりしていました。

 

なかなか母が書いていたように、すっきりとした角度に線がいかないのはどうしてだろうと、不思議に思ったものです。

 

アラビア文字の形

 

アラビア文字の形というのは、日本語とは全く違った姿をしています。

 

漢字とアラビア文字をならべてみたら、どれぐらい使われている線の量が違うのかよくわかると思います。

 

もし文字のなかで、美人コンテストのように、文字ミニマリストコンテストがあったら、「アラビア語」は優勝候補になるのではないでしょうか。

 

点と、少々の文字の線のうねりで28個の文字を書きあらわしていきます。

 

差異が生む熱

 

少しまえに、アラビア語のメルマガの読者さんとお話をして、それが面白かったので音声にしてビデオにしたものがあります。

 

外国語を取り扱うお仕事をされていている方でしたが、アラビア語に対しては「、、、、」とかなりの戸惑いを覚えたとおっしゃっていました。

 

それぐらい、初めてアラビア文字を書く人にとって、アラビア文字というのは極端に違うということなのかもしれません。

 

アラビア文字ははじめると面白い

 

そんな、日本語と比べて画数が極端に少ないということが、逆にハードルをあげてしまっている感が漂う

アラビア文字なのですが、書きだすとはまります。

 

まったく見知らぬということが、知っている日本文字の世界からアラビア文字へのジャンプという、この距離のあるということがエネルギーを伴うからです。

 

違うからそこに、謎があり、なんだろうと近づくときにワクワク感がおこり、楽しさが増します。

 

面白いといっても、ペンをもって線を走らせるということをしないとそれはわからないので説明はこれぐらいにしておきます。

 

お手本を横において、白い紙に無心に字をかくこと、これはとてもシンプルで心が落ち着く楽しいアラビア語を楽しむ方法です。

 

アラビア文字を楽しむときにあると便利なもの

 アラビア文字が音声付きで学べる
アラビア文字の書き方がビデオでわかる。
付録付きの
Kindle アンリミテッドだったら
無料で取得できる、こちらがおおすすめ
 ↓↓

あとは、カリグラフィーの書体を書いてみたいときには、

 

カリグラフィーペンがあると便利です。

 

普通にカリグラフィーペンと検索すると、ペン先が普通のマジックよりひらたくて、
ペン先が斜めになっているペンがいろいろでてきます。

これは、昔ながらのカリグラフィーペンです。
 ↓↓


 

 

このビデオは、アラビア語を実際に書いているところが、後半からのっていますので、アラビア語の発音と文字の書き方が一緒に学べます。

 


モロッコの映画とかベルベルの言葉とか~アラビア語カフェ企画をちょっと

最近みたいなと思った映画はなにかありますか?

 

ジュラシックパークの続きみたいなやつが、今度公開になります。

 

あれは、子供も大人もドキドキするあまりストーリーとか関係なく楽しめる映画ですね。

 

大人も子供も一緒にみれるものって、なかなかないです。

 

そのほかに、見てみたいなとおもいつつ一回も見てない映画のことを思い出しました。

 

タイタニックで有名になった女優さんが主演の映画です。

 

グッバイモロッコ

 

タイタニックの次に出演したわりには、お姫様な雰囲気がまったくなくなってしまっている。

 

とトレーラーを見たときには驚きました。

 

どちらかというと、貴族のお嬢様とは正反対の、ヒッピー、、、。

 

映画の場面の最初のほうに出てくる場面も、、なんだか生活ギリギリ。

 

気になるかたは是非映画を見てみてください。

 

英語版ではHIDEOUS KINKEY です。日本語の映画名では「グッバイモロッコ」

 

わかりやすいけど、HIDEOUS KINKEYみたいにもう少し、映画の中身を表すタイトルがあったらよかったのに。

 

アラビア語の企画にて

 

なぜ、モロッコの映画を思い出したかといいますと、アラビア語の企画でモロッコを取り上げていたからなんです。

 

アラビア語の企画って、、、と気になった方は、

 

こちらのページから モロッコを知るための7つの秘密シリーズを

 

みることができます。

 

↓↓
誰も知らない?モロッコを知るための7つの秘密シリーズ

 

 

 

 

モロッコの方とお話をしたことは何度もあるのですが、普段あったときは、近況報告や世間話でたいてい終わってしまいます。

 

でも、今回はモロッコの文化やモロッコの言葉について語ってもらうということで、いつもとは違うお話がきけてとても面白かったのです。

 

もちろん、個人的にただ話を聞いたというわけではなくて、どんな内容を聞いてみたいか、事前に用意をしていた内容に沿って語ってもらったわけなのですけれども。

 

 

モロッコの方に直接きいてみる

 

一つ、モロッコに行ったときにはこう言ってはいけませんよということを教えてもらいました。

 

これは、きっとモロッコの外側にいて、普通の地図をみていただけではわからない表現だなと思います。

 

モロッコに行ってきた方のフェイスブックの写真などをみていても、訪れることの多い場所で、そこに行くときにその場所を表現する言葉一つで、モロッコの人がうれしい表現ができるのか、ムッとするような表現をするのかによって、全然違うということを学ぶことができました。

 

ちょっと、あの映画をみてみて、その場所がでてくるのかどうか少し確かめたいところです。

 

もし出てきていましたら、この部分ですとまたブログのどこかでお話できたらなと思います。

 

そのほかに興味深かかったのは、ベルベル人のモロッコ社会の中ではこういう存在としてあります、

というのも聞けて面白かったです。

 

見て聞いてアラビア語

 

ベルベルの言葉とモロッコのアラビア語は違うそうなので、なにか日常的にでてくる、ベルベルの

言葉を教えてくださいといったら、しばらくモロッコの方は、でてこない、、、と考えてくれました。

そして、これがありますといって、ホワイトボードに書いてくれたのがこれです。

 

いったいどれが、ベルベルの言葉なのかといいますと、アラビア文字で書きあらわされている、、、だめですこのホワイトボードはあとのほうにとった写真なので、

せっかく書いてもらったのに、消えています。

 

これは、アラビア語ではパンのことを「ホブズ」というのですが、ベルベルの言葉では「アフロン」といいます、全然違う音ですね。

地球の歩き方に線を引っ張ってホテルで予習とかや、スマホを触りながら旅行するのじゃなくって、旅に行く前にモロッコの人に直接モロッコのことを聞いておくのがいいよねって思いました。

 

でもなかなか直接聞く機会って確かにありません。モロッコのことを知りたいなら

モロッコの旅に行く前におすすめなのは、こちらの無料モロッコ講座です。

日本語でモロッコのことをモロッコの女性に教えてもらいます。

プチモロッコアラビア語語レッスン付きです。クリックすると無料講座の

案内のページが見れます。

 ↓↓

フランスの歌番組「ザ・ヴォイス」で「ハレルヤ」の歌を聞いてみた
フランスの歌番組「ザ・ヴォイス」で「ハレルヤ」の歌を聞いてみた

アラビア語のニュースを拾い読みしていましたら、あんまりみかけない映像に出会いました。

 

スカーフを頭に巻いている女性でフランスに在住っていったらアフリカの衣装かイスラーム系の人だとおもいます。

 

いったいどんな歌を歌っているのだろうと思って、映像をカチリ。

 

最初はフランスの歌番組だからフランス語かな?と思ったのですが、英語でした。

 

「ハーレルーヤ」とうたっています。

 

審査員の人たちが次々と歌に感動

 

こういった歌番組では、審査員の人たちが最初はどんな人がうたっているかわからないように後ろ向きです。

 

歌声をきいて、どうしても聞いてみたい気になる、そういった状態になったら、目のまえにあるボタンをバシン!と押します。

 

椅子がクルリと後ろをむいて歌っている人を見たときの表情をカメラがとらえます。

 

審査員の人たちがまた一人、また一人と歌声に誘われるように椅子を回転させて歌っている人の姿を目にしました。

 

途中で歌が英語からアラビア語に代わります。どうも彼女はシリア出身のフランス在住の女性のようでした。

 

ハーレルーヤの意味は?

 

「ハーレルーヤ」っていったいどんな意味かな?と思いましたヘブライ語で「神をほめたたえよ」という意味になるそうです(ウィキペディア参照)

 

途中で、アラビア語になったときに、「ヤーイラーヒー」というのはもっとシンプルな意味で「神よ」とよびかけています。

 

そしてカメラがズームしていってとらえたのは彼女の手でした。

 

右の手はマイクを持っています。

 

左の手はすこし手のひらをくぼませるような形にして上にむけています。

 

これは、イスラム教徒の人が神様にお願いごとするときやお祈りをささげるとき、にする仕草のうちの一つです。

 

右の手にマイクをもっていなければ、両手の平を合わせて体の前にもってきて、手のひらを上に向ける形になります。

 

いつも私もお願いごとをするときには、このように手のひらをくぼませて、手のひらを天にむかってします。

 

礼拝とは違って、いつでもどこでも、どんな状態でもこのようにお祈りやお願いごとをすることができます。

 

la plus belle voix

 

フランス語で、美しい声!というタイトルがはいっていました。

 

la plus belle voix
 

編集後記

 

アラビア語ってなかなか身近で学ぶチャンスって

ありませんね、、、

 

そこで、一日一文字からメールで

学べるアラビア語の音と形と書き方が学べる

メルマガをつくりました。(無料講座です)

良かったら登録してみてください

 

 ↓↓

アラビア語の世界への初めの一歩

アラビア語でコーヒーを飲みませんか?という表現~「いらない」という時もある

アラビア語の簡単な表現を学んでみましょう。

 

 

アラビアといえばコーヒーという連想をする方もいらっしゃるかるかもしれません。

 

アラブ式のコーヒーはドリップして飲むタイプではなくて、香辛料で香をつけた粉を専用の器具でコトコトと沸かして飲みます。

 

ちょうどアラビアコーヒーを入れている場面を紹介した記事はこちらです。
 ↓↓
アラビア語の茶色について語る

 

 

このアラビアのコーヒーですが、「ベドウィンの来訪者に対してコーヒーをふるまうこと」がユネスコの無形文化財になったそうです。

 

 

 

無形文化財ではなく普通にコーヒーを飲むとき

 


 

 

アラビアの砂漠に住むベドウィンのしきたりはきっと、普通にアラビアのとある都市やおうちでコーヒーを飲むしきたりとは違うのではないかと想像いたします。

 

普通の場面においては、気分によっては断ることもあると思うんです。

 

ちょっと、飲む気分ではない、とか。

 

緑茶が飲みたいと思ってた、とか。

 

なので、今回のこのアラビア語のビデオでは、あえて「いらない」というときの表現も盛り込んでみました。

 

アラビア語を学ぶときには声に出していってみるのがポイント

 

アラビア語を学び始めたときにあらわれる最初の山場は動詞の変化を覚えることです。

 


 

アラビア語では、主語(動作をする人)が男性なのか女性なのかで形が変わります。

 

あなた=YOU  で男も女もひとまとめにはなりません。

 

男性に対しては アンタ

 

女性に対しては アンティ

 

となります。

 

飲むという動詞の変化を見てみましょう。

 

 

それでは「飲む」という動詞は

 

アンタ=目の前にいる男性に対して使うとき。

 

アンティ=目の前にいる女性に対して使う時。

 

どのような変化をするのか、見てみましょう。

 

  ↓

 

 

アラビア語ってなんだろうって思ったことがある方へ

 

お知らせです。

 

アラビア語ってなんだろうって、思ったことのある人結構いるみたいなんです。

 

AmazonのKINDLEアラビア語部門でじみ~に1位とか2位らへんで売れている私の電子書籍もそれを表しているようなきがします。

 

でも、そこから一歩アラビア語にチャレンジする人は。。。いったいどれぐらいという状況がほとんどではないでしょうか?

 

アラビア語を気軽に学べる方法がないというのもその一つかもしれません。

 

でも、今アラビア語ほど世界で注目を浴びている言葉はないんです。

 

昨年イギリスのケンブリッジ大学では、アラビア語を根本から理解する人を養成するための特別講座が開校されていましたし、、、

 

このブログはサウジアラビア、エジプト、モロッコ、ヨルダン、フランスほんとうに世界中からのアクセスがあるんです。

 

それだけ、日本でアラビア語で気軽にかたっている「ブログ」がないということだろうし、それは日本のアラビア語状況をそのまま表しているようです

 

今までは英語を学んだことがある人が次の言語として、アラビア語などを英語をはさんで学ぶというスタイルがほとんどでした。

 

それってほんとうにまどろっこしいです。日本語でしかも気軽にアラビア語が学べる

 

メルマガ、日本でここだけかな、、と最近思っています。

 

気になる方はこちらからどうぞ、一日一分つづけることでアラビア語の文字がわかるようになります。

 

 ↓↓
アラビア語の扉を開く