カテゴリー:フランス語学習方法
ホームPage 3 / 41234
フランス語のヒアリング用の曲を選ぶときの3つのポイント~ジャスティン・ビーバー

フランス語の歌を最近よくきいています。

 

歌をえらぶ基準はいろいろありますが3点。

 

聞いたことのある曲を選ぶ
 

自分の好きな声の人を選ぶ
 


YOUTUBEで歌詞が歌に合わせて流れる

 

 

曲選びのポイント~英語のカバー曲のフレンチバージョン

 

まず聞いたことのある曲を選ぶというのは、例えばジャスティンビーバー。

 

彼の曲はよくいろんなところで流れますので、耳にメロディーがすでに保存されているということがあります。

 

例えば、SORRY です。

 

曲のスピードがそれほど速くないし、メロディーもきれいです。

 

自分の好きな声の人をえらぶ~女性の透き通った声

 

好みというのは人それぞれだし、気分によっては聞く曲もかわるでしょう。

 

いっとき、STROMAEを聞いていましたが、気分によってはあまり聞きたくないときもあります。

 

最近見つけた人で聞いてどんなときも落ち着いてきいていられるのは、最近では女性のSARAHという人のものです。

 

透き通っていて、耳に心地よい高低があります。

 

スポンサーリンク



 

2つのポイントを押さえて見つけてみたYOUTUBEはこれ

 

 

あとは、YOUTUBEを自動再生にしておけば、彼女はたくさんの曲をYOUTUBEで流しているので、ボリュームを落としておけば、いろんな作業をサクサクしながら楽しめます。

 

 

 

 

ジャスティンビーバーの「LOVE YOURSELF」もフランス語で聞くと違う感じになりますね!

 ↓

フランス語上達の方法は、ヒアリングにプラスアルファ
 ↓

フランス語を使う環境にない人がフランス語会話できるようになりたいことについて

フランス語で会話ができるようになりたいと思ったとき何をすればいいのでしょう?

 

フランス語で語る相手がまずいないのに、話せるようになりたいというのも変なはなしですけど。

 

話せるようになりたい人というのは、近い将来おそらく話す相手がたくさんいるのでしょう。

 

フランス人の先生がいい?日本人の先生がいい?

 

 

それで、会話力の上達をするのに、

 

一番いいのは、経験豊富なフランス語の先生につくことなのです。

 

日本人の先生でもよいし、フランス人の先生でもよいです。

 

結局はその人の足りない部分を、的確な部分で、的確な分量、指導できるというところがポイント。

 

フランス語力を延ばすために必要なこと(仮)という音声を聞いていました。

 

そのほかにもいろいろなポイントが話されていました。

 

趣味のフランス語の人と職業的なフランス語の人

 

そもそもフランス語で仕事をしたいというゆめがある人。

 

フランス語通訳になりたいという人。

 

フランス語の検定試験をつぎつぎに突破してそして、さらなる高みに登ろうとする人。

 

そういう人達は本当にフランス語の道を真摯に歩んでいます。

 

そういう参加者の方は本当に前向きに自分のできないところを乗り越えることにかけては躊躇がありません。

 

そういう音声を聞きながら、フランス語を学ぶと元気がでるとか、フランス語を読むのが楽しいとか、

 

人生に必要な栄養のような感じで学習をしている自分はなんだか、かなり方向性が違うなと思ったりしながら。

 

それで、やはりポイントを踏まえたうえで「フランス語」で会話をするということを体験できる場に実際にいることがやはり大切だ。

 

そういうことはわかったのですが、どうしても躊躇してしまいます。

 

独学は紙の上だけの練習になりがち

 

フランス語は字をみれば読めるのですが、口から音を出すとなるとさっぱりなんです。

 

それで、今は2次元の中にあるフランス語を3次元の世界に取り出す作業をしてみたら、またフランス語の何かがかわるだろうかと

思い始めました。

 

実際にフランス語が話される場に行く前に、自分でフランス語が取り出せるかどうかをやってみたらどうかと、思いました。

 

だいたいこんなことは、人前でいうようなことではなくって、自分でガンガンやればいいのです。

 
スポンサードリンク



フランス語の達人はみなはじめたころに「致命傷」を負った

 

 

先生方もおっしゃっていましたが、「できない」という体験を全くしないで、傷一つ追わないで言語が上達することはない、といっています。

 

フランス現地にいった日本人は過去に「致命傷」をだいたいみんな負っているんだと。

 

人の前で大けがをするのもありだけど、自分で針をさして、針山を気合で歩く練習をするのもありじゃないかなと思いました。

 

英語は中学校で3年間、高校で3年間、文法で大きくこけたし、発音でもおもいっきしこけています、仕事で使ったときも失敗一杯してます。これは「致命傷」のレベルにはあたらないですかね、、

 

でもその前に、音声をきいてリピートして、全然同じスピードで話せないな、、舌が回らないな~という本当に上達するんだろうか、

と思いながらそれで、いっぱい自分に針もさしてました。

どうしてそのときに「先生に習う」という選択肢を自分で選べなかったんだろうという後悔もあります。

 

 

 

上達はしたいけど「致命傷」はヤだというのは本音です。

 

でも今は、ビビッてしまっているので、「うきわ=文字をみながら」「ゴーグル=映像教材を聞いたり見たりしながら」「プールの監視員=作文の添削を受ける」つきで、プールでバタ足しています。

 

そして次は「うきわ」はなしでやってみます。

 

この練習をもう少しつづけながら、ときどき、うきわとゴーグルは身に着けないで、プールに入ろうとおもいました。(まだ海じゃないんです)やっぱり実際に使うという予定がないのに、「致命傷」を負いながら上達する我慢はきっとできないだろうと、、、

 

性格的なものもあるかもしれません。

 

フランス語の環境にない人が会話をならうことに意味はあるのか?

 

泳ぎって一回泳げるようになったら忘れません。

 

自転車も一回泳げるようになったら忘れません。

 

フランス語で話せる能力って、一回身に着けたらわすれないんでしょうか?

 

フランス語を使わない環境でも?

 

日本在住で、フランス語を特に使う必要もなく、フランス語をやると楽しいから、それで話せるようになったらもっとかっこいい?こんな状態なのにフランス語の会話ができたらいいなと思うことはすでに邪道なのか????といっつもおもいます。

 

相手がいなくても人間はいつも自分一人で頭の中で会話をしていたりするもんです。あ、、でも自分は日本人だから、フランス的な思考で考えるのは難しいか、、

 

ほんとうにもう、、フランス人の人と実際の会話を避けながらフランス語会話をしたいというのはもう意味をなさないかも。

 

それでももう少しだけバタ足したい気持ちが強い

 

海にでるまえに、一人で発話できる訓練ってやっぱりしても損はないかなとおもいます
(まだそんなこといってるの?と先生方の呆れ顔がみえてきます)、イメージトレーニング8割 実際に走るの2割とか

スポーツでも言いますしね。フランス語会話でありなのかないなのか、わかりません。

 

ちょっとやってみてフランス語が口からでるようになるのかどうか、実践あるのみです。

 

あんまり効果がなさそうだったら、また考えます。

 

結局「話したい」ということが目標になった時点で、道ができはじめ、紆余曲折の度合いはあれ、けがの仕方は違うかもしれないけどそこに向かい始めることはできると思いたいです。

 

ちょうど実践の会話を学ぶよい題材があるんです。

 

 実際にどんな具合に上達?もしくは挫折?しているのか報告はこちらでしています

 

 ↓↓
フランス語の語彙を増やす方法

フランス語で「ありがとう」を表す表現を学んでみよう。~パリ・フランス旅で役立つ

フランス語でありがとうは「Merci」 です。

今日の記事の内容は、フランス語でMerciという練習をします。

 

まずフランス語で Merci を聞いてみる。

 

Merciをフランス語できいてみます。

Merciは め る しー と区切るのではなくって、

Mer Ci と音は 音節は2こ。
 

あと、しー は 「スィ」っぽくです。

Merci のR をフランス語で発音で。

 

ALEXAさんはとても明るくって、はっきりとフランス語の発音を教えてくれます。

なんと、Rの発音をするために、棒をくわえています。
 

Rの発音が難しいという場合は、Mの音とCの音を強めに発音して、RはぼやかしてもMerciのリズムは崩れないので、Merciにちゃんと聞こえます。
 

かえって、Rの発音を気にしすぎて、MとCのおとよりも Rの音が長くなりすぎたり、強くなりすぎてもヘンテコになります。
 

日本語でいいったら、「ありがとう」の 「り」ばかりを強調した変なありがとうに例えることができるかもしれません。「あり~がとう」って。
 


 

Merci を使った様々な表現を学ぼう

 

丁寧にありがとういう場合

どうもありがとうございます。

Merci beaucoup Monsieur.

本当にありがとう

Milles mercis.

神の御慈悲でありがたいことに

Dieu merci.

どうも、ご親切に。ありがとう

Merci. C’est gentil.

本当に、ご親切にありがとう。

Merci, c’est vraiment très gentil.

本当にありがとう。

Merci mille fois.

Sponsored Links




 

〇〇をしてくれたことに対してMerciを使う表現を学ぶ

 

お花をもらったり、いろいろとしてもらったり、一日の最後にお礼を言いたいときなどに使う表現です。
 

Merci pour + 名詞
 

Merci pour tout

 いろいろとありがとう
 

Merci pour aujoud’hui 

  今日はどうもありがとう
 

Merci pour vos fleurs.

 お花をありがとう
 

Merciのいろいろな表現をフランス語できいてみよう

 


 

Je te remercie. 

 カジュアルな言い方です。
 

Je vous remercie.

改まったいいかた、フォーマルな言い方です。
 

Merci が 「ありがとう」だとすると Je vous remercie .は 「ありがとうございます」に近い丁寧な言い方になります。
 

Youtubeの中にも出てきましたが、感謝するという表現には、
 

remercier を使う表現もあります。
 

remercier の意味は 他動詞 :人にお礼をいう。
 

remercier を使ったそのほかの表現。

 

「あなたに、なんとお礼をいっていいのかわかりません」

Je nu sais comment vous remercier.

 

「これがあいつの例のしかたさ」(皮肉をこめて)

C’est ainsi qu’il me remercie!

 

感謝しているというそのほかの表現。

 

Youtubeのビデオの中にもありましたが、「reconnaissant」を使った表現もあります。
 

形容詞ですので、女性が使うときは、E を「reconnaissant」の後ろにつけます。

男性が使うときはそのままで大丈夫です。
 

男性) Je suis reconnaisant.
女性) Je suis reconnaissante.

 

Sponsored Links




reconnaissant を使った表現です。

 

Je vous suis très rconnaissant de m’avoir aidé.

「助けていただいてとても感謝しています」
 

Je vous serai reconnaissant de bien vouloir m’envoyer ce livre.

「その本を送っていただければありがたく存じます」
 

Merci を使った表現を新聞の見出しから

 

Blancs et Rouges: un combat sans merci.

 

Le Mexique à la merci de Trump.
 

Donald Trump , merci la téléréalité.

 

Samuel L. Jackson :merci Trantino

 

Emmanuel Macron :<< Merci du fond du coeur.>>
 

Pyongyang menace Washington de frappes “sans merci”.

 

フランス人もびっくりする、フランス語で「Bonjour 」というコツを伝授します。

ポイントは 3つあります。

フランス、パリ旅行にいったらすぐにつかえるフランス語のあいさつです。
 

 

旅行に行く前にちょっとしたコツをしっておくだけで、きっと現地のレストラン、お店にはいったときにさっと、とっさに使えますよ。

 

 

 
sponsored link



 

Bonjourの意味はなんだろう?

 


 

フランス語でこんにちはは、

Bonjour 

といいます。
 

この言葉は二つの言葉が組み合わさってできています。

Bon =良い

Jour= 日

 

Bon + 〇○でよいことを望む意味になる言葉がたくさんあります。

 

 

例えば

良いご旅行を

Bon voyage !

 

頑張ってね

Bon courage !

 

幸運を祈ります。
 

Bonne Chonce !

こんにちは、はあまりにもよく使う言葉なので、 Bon Jour とはいわずにくっついてしまったのかもしれません。
 

日本語の「こんにちは」ももともとは 「今日は、ご機嫌いかがですか?」というふうに長かったのです。
 

長かったものでよくつかわれるものは、短くなるという人間の使う言葉の変化には似たような経過?があるようです。
 

 

Bonjour は ぼんじゅーるではない。

 

 

いつもフランス語のことを説明するときに、カタカナで発音をかきます。
 

そうすると、コメントなどで、フランス語はそんなふうには聞こえませんと書いてくる方がいますが、ほんとうに野暮なことを、、

と思います。
 

発音は口からでてくる音なので、文字にするとそれだけで立体感を失います。
 

言葉は口からでる音が先で、それを書き留めるために「書き言葉」ができてきたと思います。

なので、「話されている言葉」が書き言葉に定着するときには、何かしらのタイムラグがおきるのは当然です。
 

口からでている音を完璧にかきとめることなど、最初から無理なことですし。

あんまり、くわしくできるだけ発音を説明しようとして、発音記号なんかを使ったら、それこそ発音記号を説明するために

また「音」にもどったり。
 

なので Bonjour  は ぼんじゅーるではないのです。

フランス語でボンジュールっていってみる

 

それでもしつこく言葉でできるだけいってみると、
 

Bon の n の音は 「ん」のように口を閉じません。鼻に抜けます、そして口は空いたまま。
 

Jour ou の部分はどちらかというと エオウ~ を一瞬で発音するような音といえるかもしれません。 ウ と発音しながら、顎をもすこしだけ下がるような?
 

そして極めつけが ル 日本語には フランス語の R にあたるおとがありません。 
ちょうど猫が気分のよいときにだすような「ゴロゴロ音」です。
 

口の中の舌はぴくりともうごかないで、Rの音はのどの奥でします。
 
sponsored link





 

ボンジュールの発音のコツを学ぼう

 

とにかくボンジュールの音を聞いてみるのが一番早いです。
 

英語を話す人も、フランス語で 「Bonjour」というのには一工夫必要なようです。
 

特に注目したいのは、ボンジュールの音が ボン ジュー  と3つに分けられるところ。
 

そして、「J」の音を出すときには舌のさきを 
下あごの前歯の根元にくっつける
というのを意識すると、つぎの音である「R」にスムーズにいけます。

 

 

 

ボンジュールの発音一つでも、フランス語で発音するにはいくつかポイントがありましたね!
 

ポイントを押さえて、何度かあなたもいってみてください。
 

フランス人がきいて、「まあ美しいフランス語」っておもうか?「くすっ かわいいフランス語ね」って

おもうのか、フランスに行ってたくさん使ってみたいところです。
 

それではみなさん、

また! A bientot !  アビヤント!

すぐに使えるフランス語もあります。
「こういうのフランスにないよね」

 ↓

ホームPage 3 / 41234