フランス語上達法はディクテ~airの使い方について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
    follow us in feedly

フランス語の上達法って本当にいろいろあると思います。

 

その中で一番、「あなたフランス語の、こことこことここ、全然できてないわよ」という現実を突きつけてくる上達法は。

ディクテでした。

 

だって、できないところは書けないんです。丸見えです。

 

なぜこうまでディクテをやらなかったというと、簡単なことでした。「やったことがなかったから」

 

ここのところ毎日やってるのですが、わからなくって当たり前なのが普通になってきました。

 

慣れてきたからあまり、ディクテをやるのに抵抗はなくなってきました。

 

新しい学習方法はしばらく続けてみよう

 

毎日やっていると、抵抗がなくなってくる。

 

なので、あそこね。わかった。

 

みたいに、自分の聞き取れなかったところ、知らなかった単語などをパラパラと調べて納得してとても平和に終わります。

 

そうすると、あれ?こんなに短時間でフランス語の学習っておわったっけ?というぐらいさっと一日のフランス語学習ができるのです。

 

聞き取る時間を区切って、何回だけやってみると自分の中で決めておくと、とても集中することができます。

 

ディクテの実践編~今日の一文

 

今日は、この一文をディクテしました。

 

Oui elles ont même l’air d’avoir un thème particulier en fonction du temple dans lequel se déroule le matsuri .

Alors j’ai à l’esprit un festival qui fait beaucoup sourire les Français et je crois les Japonais aussi…

 

フランス人同士がお話をしているときに、日本の文化をどう表現しているか読んでみたい方はこちらの記事がおすすめ

フランス語で「初詣」の会話表現~「初詣ってすぐに終わるよね」

フランス語で「初詣」の会話表現~「初詣ってすぐに終わるよね」

年末や年始というのはフランスと日本どちらも、家族で集まる。そういった共通の伝統があるということがわかります。フランスでは、クリスマスに家族が集まって教会にいった...

投稿 2017/12/18

 

ディクテをしたあとに直しながら思うこと

 

ほんと言葉って、外見と中身が違うひとみたいなことってある!とおもいました。

 

字面だけみていると、頭の中では英語の音がうすーく流れていきます。

 

この部分: un thème particulier 声だけ聴いてみると。でっかいというか、かなり鋭い音で テンム 

てんむ。。。。。

あともう一つは、 ここ à l’esprit un

 

「あ~れすぴりよーん」   3っつ言葉あるのに、一つに繋がりすぎとおもいます。

 

こういうところ見ると、日本語って親切だなとおもうわけです。のばすところには「~」が使ってあるし。

 

見てちゃんと伸ばすのか伸ばさないのか書いてあるのって、漫画とかが発達する文化に適した「見て、読める言葉」というのが日本語なのかもと思ったり。

 

スポンサードリンク



スペルができる人はフランス語を勉強した人だけ

 

仏蘭西人は、みんな話せるけど、子供のころにちゃんとディクテを真剣にやらなかった人って、単語のスペルを間違えるそうですから。

 

きっと大人になって、文章書くときはオートコレクトを使っていると思います。英語のオートコレクトのソフトの宣伝が流れてくるときっとこういうのって便利なんだろうと思います。

 

日本人でも話せるけど、パソコンだったら自動変換でむっずかしい漢字だってかけるけど、手書きだと「。。。。。」な人も続出でしょう。

 

フランス語の頻出単語~air について

 

 

そんな感じですが、きょう覚えたいフランス語の表現はこちらです。

 

air

 

avoir l’air de

 

La salle avait l’air d’un laboratoire

.

 

その部屋は本当は実験室ではないが、実験室に似ている。

 

avoir l’air d’être

 

La salle avait l’air d’être un laboratoire.

 

何らかの原因で(たとえば、暗くて)よくわからないが、その部屋はどうやら実験室のようだ、という意味である。

 

こうやって、説明をみるとなるほど~とわかりますけど、日本語の文なしでフランス語文だけ読んだら一見、違いはわからないなとおもいました。

 

air 様子、外観、態度、 表情

 

こんな一文もあります。

 

Ses lunettes lui donnaient l’air d’une maîtresse d’école.

 

眼鏡のせいで彼女は学校の先生のように見えた

 

(プチロワイヤルより引用)