美しいフランス語と秘密のアラビア語

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

記事一覧

ヨーロッパ観光~ベルギーの北の町ブルージュをフランス語で表現してみる

ヨーロッパ観光~ベルギーの北の町ブルージュをフランス語で表現してみる

フランス旅行に初めて行ったとき、パリを回るだけで大満足です。

 

でもそのうちフランスの地方や、近くの国にも足を延ばしてみたくなると思います。

 

そう思ったのが、このブルージュという歴史感たっぷりの町を見たときです。

 

フランス人もベルギーにある「ブルージュ」という町はとても美しい町、運河の町として有名なので一度は訪れたいと思うんだそうです。

 

ベルギーはオランダ語、フランス語、英語なども通じる町です。

 

フランス人の人はベルギーに旅行してお店に入ったときなどは、最初は英語を使ってみるけど、、よくよく聞いたらお店の人はフランスから来た人でフランス語を話す人に向かって英語で話していたなんてことも!

 

そんなブルージュの町についての記事になります。

 

ブルージュという町の場所は?

 

パリからブルージュの町へ足を延ばそうと思うと、どれぐらいの距離があるのでしょうか?

 

フランス人の先生にきいてみたところ、パリからベルギーのブリュッセルまで電車で2時間ぐらい、それからブリュッセルには30分ぐらいでいけるそうです。

 

さすがヨーロッパです電車で隣の国にも行けてしまいますからね。

 

フランス旅行はヨーロッパ旅行を楽しむという感覚でいくともっと楽しめそうです。

 

Google Map でブルージュをみると海もとっても近いですね。

 


 

ブルージュという町の特徴は?

 

ブルージュには運河がとてもたくさん流れていて、北のヴェニスと呼ばれています。

 

イタリアのヴェニスにいくのと、ブルージュにいくのとどっちがいいんでしょうね。

 

フランスから足をのばすのなら、ブルージュのほうが近いですね!

 

ブルージュの町はとてもこじんまりとしていて、それでいて歴史が凝縮されたような街並みがとても美しいです。

 

ブルージュの町についてのフレーズ

 

C’est aussi une ville très belle et très ancienne.

 

On peut remonter jusqu’au …..

 

à peu près le troisièm siècle en fait,

 

l’origine de Bruges….et elle s’es construite au fur et à mesure en faitdepuis

 

l’époque Gallo-Romane pour arriver à ce qu’on aujourd’hui , un mélange

 

d’architecture flamande et un peu d’autres origines, voila.

 

ブルージュの町はとても美しくてとても古い町です。

 

歴史をさかのぼること、およそ3世紀ごろがブルージュの町の起源です。

 

3世紀のガリア=ローマ時代から今日までだんだんとに現在の町がつくられていきました。

 

フラマン様式のものや他の様式の建物が混在しています。

 

フランス語のフレーズを拾ってみよう

 

remonter: 再び上がる

 

再び乗る

 

温度、価格などが再び上がる

 

過去、原因などに さかのぼる

 

au fur et à musure ~に応じて、~につれて次第に

 

Au fur et à mesure que l’hiver approche, les jours deviennent plus courts.

 

冬が近づくにつれて、日はだんだんと短くなる。

 

最後に

 

フランス語を学び始めたときは、パリ旅行に行ったときのことを思い出しながらまた、パリに行こうとか

 

今度フランス旅行にいくとしたら~とかいろいろと考えていました。

 

でも、フランス語圏という考え方でとらえると、学んだフランス語を使って旅を楽しめるような地域って

沢山ありますね!

 

ブルージュという町には車でもちゃっと行けてしまうんですね。そう考えると国際免許を持って行って、

レンタカーであちこちまわるのもいいかも、、と思ったり。

 

今回のブルージュのお話しは、私がかれこれ3年ほど学んでいる通信制のフランス語スクールの

今週のレッスンからです。

 

超~マイペースな私なので、忙しいときはそれなりに(思いっきり休んだり)、
時間のある時はちょっと多めになど自分の都合に合わせて学習進行中です。

 

 

 

フランス語を学び始めたばっかりの時はまずはあいさつですよね。
 ↓

フランス人に出会って話しかけたいときは、こんな表現もあります。

 

フランス語の日常会話の例文~アンドレに電話をかけた編「私の事がわからないの?」

フランス語の文章ってqui などでずーっとつながっていて長いなと思うことありますよね。

 

でもそれに比べると、電話のフランス語の会話の文章はとっても短いんです。

(長話のときはきっと長いとおもいますが)
 

だから言いたいことはぱぱっといえないと、沈黙がということにもなりかねません。

 

フランス語の日常会話はまず、いつも日本語でも使っているようなフレーズをフランス語でなんというのか知るのがよいです。

 

今日は、「アンドレに電話をかけた」というタイトルで、電話を掛けるときに使う表現を学びたいと思います。

 

フランス語で電話を掛ける

 

私: Allô, André ?

 

アンドレ:Oui ,c’est moi. Qui est à l’appareil ?

 

私:C’est Miho, Tu ne reconnais pas ma voix ?

 

アンドレ;Si,maintenant . Qu’est-ce qui se passe ?

 

私:Je ne vais pas pouvoir assister à notre récital de piano après demain.

 

アンドレ:C’est ennuyeux. Pourquoi ?

 

私:Ma mère veut aller faire de courses avec moi et je ne peux pas luis dire non.

 

アンドレ:Eh bien tant pis ! On se voit quand , alors?

 

私:La semane prochaine.

 

 
 

スポンサードリンク



 

電話に出るときに使う決まり文句 ~私ですがどちらさまですか?

 

この会話の設定ではアンドレと美穂は友達といった親しい間がらになります。

 

なので、Tu を使って会話が進みます。

 

電話にでたときに「 私ですが どちらさまですか?」というときの表現は。

 

c’est moi. Qui est à l’appareil ?  セモア キエタラパレイユ 

 

C’est こちらは のあとに名前を付けてもいいと思います。

 

Qui est à l’appareil 誰が電話機のところにいるのか?ではなくて、 どちらさまですか?の決まり文句です。

 

電話にでるときの決まり文句~「どうしたの?」

 

Qu’est-ce qui se passe ?   ケスキスパッセ?
 

どんな内容で電話をかけてきたのか、軽く促す決まり文句です。

 

親しい間がらだというのに、「どちらさまですか?」と美穂にきいてしまったアンドレ、

 

美穂に、「私の声がわからないの?」と若干突っ込まれています。

 

そこで、「どうしたの?」と次の会話を促す一言をいって、会話を促します。

 

フランス語のフレーズ~に行けそうにありません。

 

Je ne vais pas pouvoir assister à notre récital de piano après demain.

 

Je ne vais pas pouvoir ~

 

美穂が電話を掛けたのは、予定していたピアノのリサイタルに行けそうもないことを

アンドレに伝えるためでした。

 

予定が変更になるなんて、やっぱり少し困りますよね。

 

フランス語のフレーズ~困ったな! という表現。

 

C’est ennuyeux. Pourquoi ?

 

Il est annuyeux

 

C’est annuyeux

そして、やっぱり理由はちゃんと聞いたほうがいいですよね、pourquoi はとても大切です。

以心伝心な日本の国とは違って、フランス人は日本人の100倍は ぽっくわ! といってくるそうです。

  • いちいち聞く
  • いちいち答える
  •  

    というのがフランス語の会話の流儀です。

     

    スポンサーリンク



     

    残念だけど、仕方がないな~というときに使う決まり文句(カジュアルな表現)

     

    tant pis  タンピ

     

    tant :それほど、そんなに とても

     

    pis :よりわるく 

     

    会話をつなぐ Tant を使った表現は

    Tant mieux ! それはよかった、しめた

     

    Tant qu’à moi  私はといえば

     

    tant bien que mal どうにかこうにか、やっとのことで

     

    フランス語のフレーズ~「私の声がわからないの?」

     

    仕事場でもあって、仕事のあとのピアノの教室でも顔をあわせている、アンドレに電話をかけてみたのに、

     

    「どなたですか?」っていわれて大分切れ気味になりました。

     

    それで、「私の声がわからないの?」

     

    といってみたのですが、あとから反省しました。

     

    ちょっと声がわからないからって、声をちょっとヒステリックにしてしまったことに公開です。

     

    アンドレはいつも、やさしい人が好みだといっているので、こんなふうにいっつもきついと、、、

     

    いつまでも友達でしょうね。

     

    今度アンドレが私の声がわからない場合は、「かなりショックだった」ふうに悲し気にいってみます。

     

    Tu ne reconnais pas ma voix ?  トゥ ヌ レコネ パ  マ ボワ ?
     

    編集後記

     

     

    いかがだったでしょうか、電話の会話の表現というのはとても短いですね。

    (長電話のときは別ですよ)
     

    だからこそ、声の大きさ、語尾の上げ下げなどで表情がいろいろに変わります。

     

    ここでは音声なしで、文字だけで表現しましたが、書き言葉は音がない分シナリオ風に脚色して

     

    読んで練習ができます。

     

    いつも切れ気味に 語尾を上げないで、最後をちょっと小さな声で悲しそうにいってみるとかですね。

     

    いろいろと工夫して声で伝えるということを考える楽しみがあるのが、フランス語の会話です。

     

    ちょっとここで問題です、この電話の会話の中でもっともフランス語会話で日本人が苦労する一言は?と聞かれたら

     

    どの部分だと思いますか?

     

    答えは、「なんで?」の porquoi? です。理由をものすごく聞かれるというのがフランス人の会話だと

     

    フランス語の先生はいっていました。
     

    フランス語を話すときは、ちょっと感情的になるような気がします。もっと自分をだしていいというか。

     

    きっとフランス語を話すときの自分のイメージというのが「北島 マヤ」ではないですが、どこかに

     

    フランス語を話す自分というのを演じている部分があるのかもしれません。

     

    フランス語を身にまとうっていうんですかね。。

     

    外国語はいろいろと聞いてきましたが、ロシア語とフランス語どっちがキレイかな、、

     

    やっぱフランス語かな?もし自分が音に過敏な音フェチと思う人がいたらフランス語聞いてみてください。

     

    きっとはまると思います。(声の色は人それぞれですし、好みもありますので、話す人によってはそれほどキレイに聞こえないかもしれませんが。)

    フランス語をあいさつを聞いてみてください。
     ↓
    フランス語でボンジュールをいう3つのコツ

     
    スポンサードリンク



    フランス語の基礎単語~rendreを使ったフレーズを学んでみよう

    フランス語の単語には一つの単語が多様な場面で使えるというものがあります。

     

    この rendre という単語は、たくさんの意味があって、使い方を間違えそうになる単語の一つです。 そういう単語は基本単語の中に多いです。

     

    よく使われる単語だから表現の幅が広いということですね。

     

    今日はそんなフランス語の基礎単語のなかからrendre を取り上げてみます。

     

    Rendre の主な意味は?

     

    • ~を返す
    • ~AB  AをBにする
    • 食べたものを吐き戻す
    • ~を表現する
    • 翻訳する
    • 作物を産する
    • 意見を表明する
    • ハンデを追う
    • ~を与える

     

    se rendre  代名動詞

     

    • 行く
    • 屈服する
    • 形容詞を伴って ~になる

     
     

    星の王子さまより~rendreを使った表現 1

     

     

    墜落した飛行機を私は一生けんめいに修理しながらあまり真剣に、小さな王子の質問に答えなかったことで、

    小さな王子は目に涙をうかべて抗議しました。

     

    Et si je connais, moi, une fleur unique au monde, qui n’existe nulle part, sauf dans ma planète, et qu’un petit mouton peut anéantir d’un seul coup,
    comme ça, un matin, sans se rendre compte de ce qu’il fait, ce n’est pas important ça !

     

    僕の惑星には、他のところには生えていない世界でたった一つの花がさいているけど、ある朝に羊が一口でぱくっとたべたら花は絶滅するんだ、それなのにそんなことは大切じゃないっていうの?

     

    se rendre compte de~ que 気付く、わかる

     

    フランス語のことわざ~Rendreを使った表現 2

     

     

    Il faut rendre à César ce qui est à César.

     

    カエサルのものはカエサルに戻さなければならない

     

    L’amour rend aveugle.

     

    恋は盲目

     

    フランス語でお願いをするときの表現~Rendre 3

     

    フランス人の同僚や関係各位のかたがたに、どうしても手を貸してもらわなくてはいけないとき。

     

    そんなときは、この言葉を使ってみてはいかがでしょうか?

     

    ちょっとだけ手を貸していただけないでしょうか?という丁寧な言葉です。

     

    Est-ce que vous pouvez me rendre un petit service ?

     

    (わたしにちょっとしたことをしてくださることは可能でしょうか?)

    ちょっとお願いしたいことがあるのですが

     
    スポンサードリンク



    rendreを使ったその他例文

     

     


    Je rends ce livre à Jean.

     

    私はこの本をジャンに返す。
    Il m’a donné un coup et je le lui ai rendu.

     

    彼が私を殴ったので殴り返した。

     

    Elle renddra son mari heureux.

     

    彼女は夫を幸せにするだろう。

     

    La pluie rendait la chaussée glissante.

     

    雨がふったので道がすべりやすくなっていた

    最後に

     

    フランス語は原文を読んでいると必ずわからない単語というのがでてきます。

     

    星の王子さまは日本語では子供向けの童話のように訳されていますが、フランス語はとても洗練されていて、大人のフランス人が読んでもうっとりするような美しい文体なんだそうです。

     

    知りたい単語がでてくると思わず星の王子さまのフランス語版にいって、どっかに使われていないかなと探してしまいます。

     

    rendreで探したら一か所しかありませんでしたが、変化形も含めて探したらまだほかにありそうです。

     

    rendreという単語はよく見かけるのですが、ちゃんと意味が取れているのか不安になることがあります。

     

    そんなときは、紙の辞書をひいたりして単語の意味を確認します。

     

    rendreはたくさんの意味があるので、気が付くとあの意味もこの意味もとメモ用紙がいっぱいになり、まるでフランスの文章を読んでいたことなんか忘れて、rendre について読みふけっているということになってたりします。

     

    フランス語はきっとわからないことが多いから面白いのです。

     

    そして、わからなかったことがわかるようになるのも楽しいです。

     

    そして活字が大好きな人には外国語を読むということはかなり楽しい時間なんだなと

    改めて思いました。

     

    スポンサードリンク



    フランス語が話せるようになりたい?~フランス美女に居酒屋で出会った

    場面は居酒屋です。

     

    日本人女性Aはいつもの居酒屋でなにやら、フランス語を話す若い女性のとなりに腰を掛けました。

     

    日本人女性A(仮名 美穂)はパリやらフランスが好きでフランス語を学んでいますが、まだあまり会話の経験はありません。

     

    でも、これはチャンスです。日本人女性の美穂は、思い切って話かけてみようと思いました。

     


     

    会話です。

     

    美穂: 

    Excusez-moi,vous êtes étudiante -étrangère?


     

     

    フランス人女性:Ah, non , je suis en visa vacances-travail.
     

     

    美穂:Ah bon ? Comment vous avez trouvé ce bar ?

     

    フランス人女性:Ah C’est mon copain qui a décidé de l’endroit.

    Il a dit qu c’était bon ici, donc nous sommes venus ici.

    Vous parlez français ?

     

    美穂:Un peu , J’étudie , parce que j’adore Pris.


     

    フランス人女性:Ah d’accord, Vous êtes déjà allée à Paris ?


     

    美穂:Ouis , plusieurs fois, avic ma mère . Oui parce qui elle aime la France.


     

    日常生活でふとフランス語が聞こえた

     

    電車にのっていたり、カフェでスイーツを食べていたらとなりの席からフランス語が聞こえてきた。

     

    そういったことって、フランス語を学んでいるとあります。

     

    だって、フランス語学んでいるのですから、当然フランス語の音は耳でキャッチできます。

     

    でも、その次の一歩、、話しかけるというのはなかなか難しいです。

     

    フランス語が話せないのはいたって普通のこと

     

    フランス語を学んでいても話せないというのは、ある意味当然のことかもしれません。

     

    フランス語を学んでいる状態というのが趣味だったり、日常的にフランス語を使う環境でない場合は、フランス語が話せないのは当たり前です。

     

    フランス語を学ぶだけで楽しいというのもあるかもしれませんし、話すという場がないのですから、話す必要すらない、、、

     


     

    話せるようになるには、話すしかない

     

    フランス語を学んでいて話せるようになりたいなら、「話す」しかないわけです。

     

     

    話したことがないし、話す必要もないという状態で、「私、フランス語学んでいても話せません」というのはまあ、いたって普通というか。

     

     

    外国語が堪能な人というのは例外なく、その外国語を使う環境にあるということが必須条件です。

     

     

    4年外国語を専門に学んでも、話せないというのは本当によくあります、それからその学んでいた国の言葉を話す外国へいって、

    さらに文法やら語彙はすでに頭の中にあったものを外に取り出すという環境に1年ぐらいいくと、だいたいペラペラになります。

     

    その外国語を専門にすでに2年か4年学んで、さらにでマンツーマンで会話に磨きをかけるのがけっこう短期間で会話力を磨くコツです。

     

    マンツーマンで会話を学ぶこと以外にも会話力を磨く方法はあると思います。

     

    できれば、フランス語を学ぶ最初の段かいから、話すということを意識するのが大切かと。

     

    そうすると、会話のシチュエーションなどを頭のどこかにおいておけるので、話すということに抵抗が少なくなるのでは、とおもいます。

     

    フランス語が初級の段階でやりたいのは、短い会話の音声を何度も聞いて、フランス語の語彙、表現、発音に十分になれることです。

     

    フランス語の語彙も、文法も、文字もスペルもまだあやふやな段階でマンツーマンでフランス語学んでも無駄になってしまいます。

     

    美穂とフランス人女性の会話は、すぐに使えそうな表現がたくさんあるので、いくつかピックアップしてみたいと思います。

     

    見知らぬ人に話かけるとき

     

    見知らぬ人に話かけるとき、「すみません」(少しお話しをしてもいいいですか?)の気持ちを込めて、こんなフランス語を使うことができます。

     

    Excusez-moi  エクスキュゼモア

     

    このときは、若いフランス人女性でしたので、「留学生の方ですか?」と尋ねています。

     

    vous êtes étudiante -étrangère?   

     

    初対面の人なので、 Vous ヴ を使った表現が丁寧でよいです。

     

    Sponsored Links



    会話をつなぐ言葉

     

    留学生ですか?という問いにたいして、いいえ、 vacances-travail  ワーキングホリデーです。

    とフランス人女性は答えています。それを受けて。

     

     
    Ah, bon   ア~ ボン 

    bon : ボン  これはとてもよく使うことばです

     

    「へえ~そうなんですね。」 といでもいったかんじでしょうか。

     

    人にはなしかけられて、いったん聞いたことを受け止めている表現です。

     

    語尾はちょっとあげて、へ~っといったかんじにします。

     

    フランス語は話せますか?

     

    フランス人女性はきっと、話しかけてきた美穂に、興味をもったのかもしれません。もう少し会話がつづけられるかどうかこんな風にきいています。

     

    「フランス語は話せますか?」

    Vous parlez français ?

     


    「少しなら話せます、フランス語を勉強しています。」

    Un peu , J’étudie ,

     

    よく使う合いの手、d’accord.

     

    会話で「そうですね」っていうときに ウィを連発しそうになりますが、 Ah bon . d’accord  が使えると少しバリエーションが増えていいです。

     

    そのほかに、どうしてフランス語を学んでいる理由などを話せたら、話しが広がりそうです。

    例えば。

    私はパリが好きなので、フランス語を学びました。


    J’étudie ,parce que j’adore Paris.

     

     
    SPonsored Links



     

    自分の連れを表現するボキャブラリー

     

    mon copain 彼氏

     

    mon amis   友達

     

    ma mère     母親

     

    フランス語が話せるようになりたい 編集後記

     

    (ここからはフランス語以外の話がながいですのではしょってください)

     

    フランス語は学んでいるだけで、かなり楽しいのですが、フランス語で話すということを考えるとなんでか、ストレスを感じます。

     

    たぶん、水についていろいろ知るのは楽しかったけど、泳ぐということをかんがえて、天然の皮の流れの前に立ったときと同じ状態なのだと思います

     

    水にはいって泳げるようになる方法はいろいろあります。大切なのは最初の一歩。

     

    泳げるようになった時のことを考えました。

     

    父方の実家は岐阜県の川の上流にあります、川の水はとても透明で冷たく、流れも深いところもあれば浅いところもありました。

     

    それは川にもぐれるようになってから、水中眼鏡で川底の様子を観察するようになってからわかりました。

     

    深いところは小学生の身長の3倍ぐらいはありましたし、浅いところは歩けるほどです。

     

    一歳年下のいとこがとても達者に冷たい川をすいすいと泳いでいました。浮わはなしです。いとこを横目に、私は川岸で日向ぼっこしたり、水際でちゃぽちゃぽ遊んでいました。

     

    見るに見かねたおばあちゃんが、紐のついた浮わをもっていてあげるから水にはいりなさいといって、私を水にさそいました。

    そんなうまい具合に!というぐらいに紐のついていたはずの浮わは 本当は紐がついていなくて、脚をばたばたしているうちに

    流れにのって向こう岸にたどりつきました。浮わがあっても怖くて川が渡れなかったのですが、はずみで渡ってみたら本当にすぐに向こう岸につきました。

     

    それからは、浮わがあったらいとこと同じように、急な流れにのって、川流れを楽しむことができました。

    いとこは、水中眼鏡にモリをもって魚をとっていたのをかんがえると、全然達者におよげているとはいえませんでしたけど。

     

    そのあとに、スイミングスクールに通いました、プールでは浮わは使わせてもらえません。

    顔を水につけて、体の力を抜くというのが一番むずかしかったようなきがします。

    それからはとても早く、上手に泳げるようになりました。

     

    フランス語はまた違うとはおもいますが、水の中にまず顔をつける、全身の力を抜く。 こういうことをフランス語でも一回できれば

    あとは時間がかかるかもしれませんが話せるようになるきっかけは絶対につかめるとおもいました.

     

    Sponsored Links