【歌でアラビア語】バルキース~”YA HAWA”「おーい空気」って曲名かな?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サラーム
 

 

アラビアニスタのライラです。
 

 

今日ご紹介する曲はUAEで活躍するイエメン系の歌手バルキースさんです。
 

 

力のある声とアーモンド形の大きな目が印象的です。
 

 

日本人からみると、かなり強めな印象の色合いのドレスや大振りなデザインのアクセサリーを衣装として身にまとう姿が多くみられますが、中東ならではのファッションを見られるインスタグラムは見ごたえがあります。

 

 

 

 

曲のタイトルは”YA HAWA”

 

 

それでは、YouTubeでバルキースさんの曲を聞いてみてください。このアイメイクの濃いかんじは、日本でも流行したことのあるガングロメイクに似ているような気がします。
 

 

この、”YA HAWA”がリリースされたのは2012年です。ガングロメイクは1990年代後半から2000年代初頭にかけて流行ったものでした。歴史を感じます。
 

 

中東ではアイメイクをがっつりするというのはそれほど流行りすたりなく、いつでもあるような気がします。初代はクレオパトラかもしれませんね。
 

 


 

 

曲のタイトルの”YA HAWA”の意味は?

 

 

YA 

 

 

日本語では「おばあさんや」のように、やはり呼びかけるときに使ったりします。
 

 

「やあ」と少し伸ばしたり、「やっ」と言えば、軽い挨拶のかわりにもなりますね。
 

 

韓国語で「ヤー」というのは「ちょっと、ねえ」「おい!」など相手の注意を引くときの掛け声にあります。
 
 

アラビア語では名前の前、呼びかける人の肩書の前につけて人に呼びかけます。
 

 

 

 

HAWA

 

 

HAWAというのは「空気」という意味です。が、この歌の中で使われているときの意味は空気ではありません。
 

 

アイメイクばっちりの女の子が「空気~」「空気~」と雰囲気たっぷりに歌っているって??なんかあれっ?ってなりませんか。
 

 

エアコンかなんかのコマーシャルだったら話は別かもしれませんが。
 

 


 

 

そう「空気」という言葉は文脈によっては「愛」や「愛する人」になります。

 

 

小説の一説に、、”そう、もうお互いにとって存在は「空気」のように薄くよくわからないものとなっていた。”とかなんとかあるかどうかわかりませんが、
 

 

アラビア語の歌の中では「空気」は薄いどころの話ではなく、なくてはならない「存在」としての”愛”として登場するのです。

 

 

アラビア語の単語を学んでみましょう

 

 

この歌にでてくる「空気」ハワですが、アンミーヤ(方言)で語るときと、正則アラビア語で語るときではスペリングがほんの少しだけ違います。
 

 

 


 

 

ハムザがつくかハムザが付かないかです。
 

 

あとは、伸ばすところがアリフかアリフマクスーラかという違いもあります。
 

 

アリフマクスーラというのはこちらになります。
 

 

 

 

ハムザ関連の記事はこちらです。
 

 

 

 

おまけ

 

 

アラビア語知っている人は「アラビア語は美しい」といい、アラビア語を知らない人は「ミミズのはったような」といいます。アラビア語のお話をこちらで配信しております。

 ↓↓