カテゴリー:フランス語会話の記事一覧

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

カテゴリー:フランス語会話

フランス人からみた「貴重な部位のない不思議な料理」~焼き鳥

フランス人からみた「貴重な部位のない不思議な料理」~焼き鳥

フランス人からみた焼き鳥というのは、いろいろな発見のある面白い料理というのだ。

 

日本人にとっては当たり前のことが、フランス人にとっては不思議な世界観を持つ。

 

そんなことがわかる一文がこれ。

 

Au Japon, lorsqu’on va dans un yakiniku ou dans un yakitori, j’etais surpris qu’il y avait toute le parties de l’animal à manger, au menu. Très peu de morceaux qu’on appelle nobles en France.

(フランス語のテキストから抜粋)

 

 

日本で焼肉屋さんや焼き鳥屋さんにいくと、驚くのだけれど、動物のすべての部位が食べられるようにメニューに載っているんだ。

フランスでは「貴重」と呼ばれている部位がほとんどないんだ。

 

フランス人と納豆の悲しい関係

フランス人と納豆の悲しい関係

日本になじんでいるように見えるフランス人がいても。意外と「納豆」だけはどうしてもダメな人もいるようです。今日の表現は「ほんとうに納豆だけはだめなんだ」です。テキ...

投稿 2017/10/04

nobles といわれる肉の部位はどこなんだろう。

 

nobles を辞書で引いてみるけれども、特に肉についての記述はみあたらなかった。

 

肉の用語を確かめてみるべきかもしれない。

 

でも、とりあえずnoblesで肉にまつわるような表現をむりくり、あげてみる。

 

人間の体の中枢部分、心臓などをnobles を使って表現することができる。

 

Parties nobles
 

あとは、素材などが貴重なという表現もある。

 

国によっては、羊の脳がぷりぷりしておいしいというところもあるので、動物の脳をフランスでは食べたりするのだろうか?

 

フランス語の子牛の臓物を表す言葉があるので、もしかしたらこういうのを「Nobles」というのだろうか。

 

グルメでもなんでもないので、まったくわからない。

 

 

フランス人の会話から学ぶ重要表現~nos bouches de Français 「フランス人の口」

フランス人の会話から学ぶ重要表現~nos bouches de Français 「フランス人の口」

フランスに旅行して、フランスの料理を食べるとき。おそらくいろんなショックが口の中でおこるのではないのでしょうか?多くの人が語るホカホカのマカロンのショックみたい...

投稿 2017/09/25

 

スポンサードリンク



フランス語で子牛の臓物を表す言葉

 

Tête de veau  子牛の頭
Langue de veau  子牛の舌
Foie de veau    子牛の肝臓
Cervelle de veau  子牛の脳みそ
Joues de veau  子牛の頬
Pansette de veau   子牛の腸
Coeur de veau    子牛の心臓

Ris de veau    子牛の胸腺のシビレ 

Rognons de veau  子牛の腎臓
Moseau de boeuf  牛の鼻先

焼き鳥ではとさかや、首の骨よこにある ささらとか使われているから、

食べた事ないと不思議な体験になるだろうな~

 

でも逆に日本人が食べた事のない肉の部位もフランスにはありそう。

 

焼き鳥の表現

 

フランス語で話すときは、同じ単語を連発すると「ダサい」らしいので、焼き鳥の

話をしているときも焼き鳥を別の表現でしてみるといいかもしれない。

 

焼き鳥はそのまま yakitori

それから焼き鳥は 鳥肉が串にさしてあるので、こんな表現もあります。

 

les brochettes de pulet
 

brochette は 串焼き

 

やいてない (焼くようの串)串だけは、 broche

 

brochette に近い言葉で broche  という単語は日本では ブローチという言葉があります。

 

たしかに、ブローチはキラキラしている面の後ろ側にピンがあってそれをさすことで服につけることができあす。

服に串をさすではないけれど、わからなくはないなという感じ。

 

肉について会話するときに便利な単語

 

 

morceau  モルソー   食物の一切れ、一辺

 

肉の部位を表現するときによく使われます。

 

fin morceau  特選肉

morceau de roi  極上肉
 

肉にまつわる言葉と一緒に使わない場合もあります。

 

ただの 断片という意味もあるから。

 

角砂糖: sucre en morceau
ピアノ曲を一曲演奏する:exécuter un morceau de piano
別れたカップルがよりを戻す:recoller le morceaux

編集後記

 

フランス人どうしの肉の話をききながら、

 

牛の腸を使った料理のことを思い出しました。

 

日本で手に入れにくい部位で思い出すのは、牛の腸。

 

牛の腸を手に入れようとネットで注文したけれど、細かく刻まれていて目的に合わず。

 

牛の腸にハーブで味付けをしたお米をいれる料理がエジプトにはあるのですが、

そのためには長いままの腸が必要です。

 

牛を一頭買ったときに、わざわざ「腸は刻まないでそのまま長いままでお願いします」

といったのにも関わらず、長いまま、わざわざ腸が半分に割かれた形で届きがっかりした

覚えがあります。

 

腸はひっくり返して、ちゃんと内側のベロベロ下部分をこそげおとさないといけないのです。

 

きっと、洗浄がしにくいので半分に割いてさっさと洗浄したのではないかと推測されます。

 

きっとレストランで自家製のソーセージや腸詰の料理を提供しているところだったら、

腸を手に入れるための独自ルートがあると思うのですが、一般家庭では知る由もありません。

 

このブログではフランス語についての記事のほかに

アラビア語にまつわる、あれやこれやも発信中です。

こんな記事とか

 

 ↓

エジプトの天空の女神~アラビア語で夜を表すと?

エジプトの天空の女神~アラビア語で夜を表すと?

古代神話においては、世界各地に様々な神様が登場します。日本でも、ギリシアでもエジプトでも。もしそんな古代の神様の中で一番好きなのはどれですか?といわれたら「天空...

投稿 2017/09/14

フランス人と納豆の悲しい関係

フランス人と納豆の悲しい関係

日本になじんでいるように見えるフランス人がいても。

 

意外と「納豆」だけはどうしてもダメな人もいるようです。

 

今日の表現は「ほんとうに納豆だけはだめなんだ」です。

 

テキストにある文章から

Mais,le natto non, Ça ne passe pas.

J’ai essayé plusieurs fois mais je n’y arrive vraiment pas.

 

「だけど、、納豆はダメ、食べれない。」

 

「何回かためしたけど、ほんとうに成功しなかったんだ。」

 

フランス語の超基礎表現1~passer

 

パセ これも「超重要頻出基礎単語」の一つです。

 

passer を使ったいろいろな会話表現です。

 

Ça passe. ≪狭いところを通るときに、)大丈夫、通るよ、進んで大丈夫

Vas-Y ,Ça passe . 大丈夫、そのまま進んで。

Je peux sortir comme ça ? こんな格好ででかけて大丈夫かな?

 

Oui ça passe 。大丈夫なんじゃない

 

J’en passe , et des meilleurs .いろいろと例を挙げたあとで、締めくくりに  残りは割愛します。
ほかにもありますが、このくらいにしておきます。

 

Qu’est-ce qu’il lui a passé!

あいつをずいぶんいためつけたなあ、こっぴどくやっつけたものだ

 

passerのタイトルのついた動画を紹介

passer に関する動画、フランスの手話は日本の手話とはやはり違うんですね。


 

フランス語の超基礎表現2~arriver

 

アリヴェも頻出の単語です。

 

沢山の使い方があるのでここでさらっとおさらいです。

 

会話表現です。

 

Ça arrive ! それはよくあることだ

 

Ça m’arrive.  そういうことをすることもあります

 

Ça ne m’arrivera plus.  もう二度とそんなことはしません

 

en arriver à   ついに。。に達する

 

En arriver là  そのような(とんでもない)事態になる。

quoi qu’il arrive  何が起ころうとも、いずれにせよ

 

y arriver  成功する、うまくいく

 

J’ai essayé plusieurs fois mais je n’y arrive vraiment pas.

何度もトライしたけども、やっぱり食べるのにまったく成功しなかった。

 
スポンサードリンク



 

keen’v

 

je n’y arriverai pas. というタイトルの曲で

 

この表現をしっかりとマスターしてしまいましょう。

 

 

編集後記

 

納豆が食べられないフランスの人は多そうですね

 

納豆を食べたことのあるフランス人もおおそうです、ダメかどうか儀式のように試すとか!

 

 

パリには日本に関するものがあふれている場所があります。

 

日本に対する関心は高いことがうかがえます。

 

いったいどんなことを日本に求めているのか、それぞれのフランス人の

胸の内がきになるところです。

 

フランスのパリにある「日本的なもの、アジア的なもの」

 

がみられるYoutube

 

 

このブログではアラビア語にも触れられる記事を用意しています。
アラビア語??
とおもったかたにはまず「あいさつ」から
 ↓

アラビア語のあいさつ~アッサラームアライクム

アラビア語のあいさつ~アッサラームアライクム

アラビア語のあいさつを知っていますか?アラビア語圏というのはその土地で通じるアンミーヤのほかに、正則アラビア語というものがあります。それもアラビア語なのですが、...

投稿 2017/09/07

フランス人の会話から学ぶ重要表現~nos bouches de Français 「フランス人の口」

フランス人の会話から学ぶ重要表現~nos bouches de Français 「フランス人の口」

フランスに旅行して、フランスの料理を食べるとき。

 

おそらくいろんなショックが口の中でおこるのではないのでしょうか?

多くの人が語るホカホカのマカロンのショックみたいに。

 

そんな食のショックは来日フランス人の口にも確かにありました。

 

今回は日本通のフランス人による会話から「フランス人の口にあるあわない」の表現を

見てみたいと思います。

 

フランス人が日本のパンを食べたら
 ↓

フランス語でパンについて語るには~〇○の入ったパンのフランス語表現

フランス語でパンについて語るには~〇○の入ったパンのフランス語表現

フランス=パンぐらいフランスって絶対パンがおいしいと思い込んでます。せっかくフランスに行ったのに、お店に入るのに躊躇してマクドナルドでハンバーガーを食べたという...

投稿 2017/09/16

 

今日のフランス語会話

 

(フランス語会話のテキストから)

Bon, on rigole une fois encore mais on rigole moins lorsqu’on essaye pour la première fois des plats japonais pour lesquels nos bouches à nous, nos bouches de Français , ne sont pas habituées.

 


気になる表現は nos bouches de Français

 

我々フランス人の口

 

一文を読んでの感想いろいろ

 

チーズが好きなフランス人が日本に来たら

 

日本の食事というのは、フランス人の人にとってもなかなか食べにくいものも多いでしょうね。

 

フランスと日本の大きな違いというのは、きっと「チーズ」だとおもいます。

 
 

スポンサードリンク




 

日本でうられているチーズは「え?なんでこんな小さくきって売られてる!!」と驚くほど小さくパッケージされて売ってます。

 

百貨店のチーズ売り場なんかでは、どーんと丸のまま見えるときもあるかもしれません。

 

でも、日常的にチーズを食べようとおもって近所のスーパーに行くと、とっても小さくてびっくりします。

 

食べたい分だけチーズを量り売りしてもらおうとしても、すでにとっても小さく切られているので、食べたい分だけかう?

 

売られているチーズの種類も少ないです。

 

人によるかもしれませんが、チーズ好きなフランス人はフランスから来るときに「これがないと困る的」好きなチーズを持ってくる、、なんてこともあるかもしれません。

 

「なじみのある」という表現

 

なじみのあるという表現はとてもこなれた自然な日本語の表現に翻訳されています。

 

フランス語でみるともうちょっと、固そうなイメージになります。

 

ne sont pas habituées.
 


habituée という表現について

 

habitue 形容詞  慣れた、  名詞  常連、なじみ客
 

超基礎的な単語bouches

 

口なんていう単語、ははは大分前にならったから。

 

なんていっていると表現の幅がひろがりません。

 

フランスに住んでいる日本人は逆にフランス語を学ばないということもあるそうです。

 

日本に住んでいてフランスが遠いほうが熱心にフランス語を学ぶ傾向があるのかも。

 

表現の幅は好奇心があるうちにずんずんとボキャブラリーを吸収してひろげたいです。。

 

基礎的な単語は「慣用句」的につかう言葉がたくさんあって面白いと思います。

 

à bouche que veux-tu  たっぷりと、ふんだんに 思う存分
 

à pleine bouche  口いっぱいに、口で激しく
 

bouche à bouche   面と向かって
 

de bouche à oreille  内密に こっそりと
 

de bouche en bouche   口から口へ (口コミでひろがる)
 


mettre l’eau à la bouche 口につばを沸かせる、~の欲望をそそる、

 

スポンサードリンク



 

Boucheをつかった表現~ジャスティンビーバーの一言

 

ジャスティンビーバーが「キャー」という観客に静かに(口を閉じろ!)といった場面があります。

 

フランス語でインタビューを受けているジャスティンビーバー

 

 

たまには知っている単語にも光を!

 

 

いまさらフランス語最重要単語~「目」
 ↓↓目立ちました。

フランス語でよく使う単語「目」~aux yeux de ~の目から見て

フランス語でよく使う単語「目」~aux yeux de ~の目から見て

とっても基本的な単語だけれど、ときどきもう一度調べてみると面白い表現を発見することができる。今日のフランス語のボキャブラリーには「目」を見てみようと思う。フラン...

投稿 2017/08/23

編集後記

パリへ旅行したときに印象的だったのは、フランスにはいっぱんてきに言われる

 

フランス人ばかりでなく、とても国際色がゆたかだったこと。

 

モンマルトルの丘の下らへんを歩いていたとき、カバンをうっているお店には見上げるばかりの

 

のっぽなアフリカ系の人が目立ちました。

 

アラビア語も日本とでは比較にならないぐらい、話者のいる言語です。

 

フランス国内で400万人の話者がいるとか!

 

まさに、フランスの第二言語がアラビア語なんです。

 

日本ではまだまだ学ぶ人も学ぶ場所もすくないアラビア語。

 

独学ではつらいこともあるかもしれません、もしよかったら手前みそですが、アラビア語メルマガあります。 

 

 ↓

はじめてアラビア語を学ぶ人でもよくわかるメルマガ

はじめてアラビア語を学ぶ人でもよくわかるメルマガ

初めての人でもよくわかるアラビア語メルマガ※は必須項目ですメールアドレス※お名前(姓名)※姓と名はスペースで区切ってください登録解除Copyright(c)Yu...

投稿 2017/04/07

フランス語の会話から使用頻度の高い動詞~Vendre 「秘密は漏らしてはいけない」

フランス語の会話から使用頻度の高い動詞~Vendre 「秘密は漏らしてはいけない」

今日はこの文章を読んでの備忘録

 

Oui, C’est vrai. En fait, je pense que, malgré leur appellation boulangerie français elles sont ,,,, les produits qu’ils vendent dans les boulangeries japonais….

 
フランス語会話のテキストより抜粋
 

会話の成り立ち方

 

会話というのは、流れです。

 

何を話そうかなとしばらく頭の中で思ったことを頭でなんとなく固めてから、しっかりと固まる前にもう話し始める。

 

そして、即興だからこそ面白みのある、その人の考えていること。

 

その人がそう思う意味というのがあらわれてきます。

 

日本語の会話で例文を上げてみます。

 

突然日本語の会話の例で話しがそれますが、6歳ぐらいの男の子たちの会話がこんなかんじでした。

 

妖怪ウオッチの SUSHIとかTENPRAとかをプレーしながら。

 

「あのさ、まぼろしってどういういみ?」

 

「それはさ、ちょつえーって意味だよ。」

 

*解説 まぼろしの妖怪というのがいて、とても強くてたま~にしか出てこないというところから

 

ちょつえー=超強い=>まぼろし という解釈になったんだと思います。

 

フランス語会話の内容は、日本のパン屋さん事情てねといろいろな意見を述べながら進んでいきます。

思ったことをちゃんというと面白い。
 ↓

フランス人からみた日本~パンやさんはみんなフランス風だよね

フランス人からみた日本~パンやさんはみんなフランス風だよね

フランス人が日本のフランス風のパンのこととか。日本のレストランにはフランス語名前が付き過ぎとか。フランス人のみた日本ってこなんなんだ~ということが垣間見ることが...

投稿 2017/09/02

フランス語の音がつながっているところ

 

leur appellation この言葉は、Leurappellation のごとく聞こえます。

 

フランス語のRについて

 

フランス語のRはとても存在感をかんじます。
 

それがよくわかるのが POUR の音 決してカタカナでは表しきれないのを承知で表現してみると。「プゴっ」 のごとく

 

Rの音がきこえます。口の中で発音しているのですが、摩擦があるので目立ちます。

 

人によっては喉の奥でRRRRとなるときもあります。

 

ベルギーのアーティストSTROMAEもRを使った歌詞ではRRRRととても特徴のある音をだしていました、

 

 


 

フランス語てきには、RRRRRとなるのと、R だけになるのとどういった感じでうけとめられるのでしょうか。

 

知りたいところです。

 

英語の FOR  はRを発音せずに 口の形と口の中 で存在を示すような方法をとっています。

 

スペインゴは PARA  パとラが同じぐらいの存在感です。

 

言葉の塊の間

 

同じような音が連続するときは軽くいったりするのでしょうか。

 

les produits qu’ils vendent dans les boulangeries japonais….

 

会話の息遣いがわかるような書き起こしをするならば、言葉と言葉のあいだにスペースをおいたりするのがよいのでしょう。

 

さながら、台本をわたされて 読み込むときに、自分だけでわかるマークをいれていくといったような。

 

英語とかだとスラッシュ読みとかありますけど、あんなふうに意味の塊がきれるところをつかみながら読むといいのかもしれません。

 

ここは大きめに、ちょっと間をおいてからのように

 

台本風にこの文字列をやってみると あとは発音されないいらない文字を全部けずったら読みやすいかも。

 

 Leproduiquilvend 一塊/  danleboulangerijaponai….

 

 

スポンサードリンク




 

最後にちょっとだけ基礎単語

 

 

vandre
 

売る、販売する

 

読まなくてもよい部分をいまだに、読みたくなる人いませんか?

 

ここでもう一回音を聞いておくと、「読まない」と復習できます。

 

 

例文です

Il a vendu sa voiture à un ami.

彼は友人に自分の車を売った

 

À vendre  売り物
 

Je lui ai vendu ma guitare cinquante euro.

 

  
私は彼にギターを50ユーロで売った
 

Il a vendu son âme au diable.

彼は悪魔に魂を売った
 

vender chèrement sa vie . 死ぬまで勇敢に戦い抜く
 

vendre la mèche  秘密を漏らす
 

vendre la peau de l’ours 

とらぬ狸の皮算用をする
 

vender père et màre  

 どんな破廉恥なこともする

ここまで、vendre の意味をいろいろとみてきましたが、
 

なんだかとっても売ってはいけないものの例が多すぎでわらえました。