美しいフランス語と秘密のアラビア語

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

記事一覧

フランスのクリスマス行事って何をするのかな~「ミサはとても長い」

フランスのクリスマス行事って何をするのかな~「ミサはとても長い」

フランスのクリスマスってどんな感じなんだろうって思ったことはありませんか?

 

フランスに家族がいるだとかでもなく、フランスに留学した経験もないので、毎年冬になると考えます。

 

フランスのクリスマスは家族で過ごすものなので、日本のお正月のようなものなんだそうです。

 

今日は、テキストの中からフランスのクリスマスにまつわる文章を取り上げて見たいと思います。

 

フランス人男性が子供のころのことを思い出しながら語った一文です。

 

クリスマスのミサについて

 

クリスマスのミサはとても長い、司祭の話をきかなくてはならなくて、座ってなくてはいけない。

「クリスマスのミサはとても長い」、、、この一文に早く終わらないかな~と思いながら椅子にすわって

 

足をぶらぶらさせたりしているんでしょうか。

 

小さなフランス人の男の子の姿が思い浮かびますね。

 

司祭の話は長い、、儀式といったような伝統にまつわる行事は形式が決まっていて、どうしてもそうなってしまうのかもしれませんね。

 

ミサの部分のテキストをフランス語で読んでみましょう。

 


Une messe c’est quelque chose de très long. Il faut rester assis, il faut écouter le prêtre.

 
(アトリエフランスシリーズのFDSのテキストより)

 

 

messe  読み方: メス  

 

面白い表現:  fair des messes basses

 

「ひそひそ話をする」

 

assis  読み方: アスイ   形容詞 座った  すわっている

 

表現: 犬などに お座り !「 Assis 」

 

面白い表現: en être assis びっくり仰天している

 

prêtre  プレートル  カトリックの司祭 

 

豆知識: プロテスタントについては、pasteur

 

ministre 牧師

 

rabbin  ユダヤ教

 

bonze  仏教

 

ミサというのはいったい何だろうか?

 

ウィキペディアより

 

ミサとはカトリック教会において、パンと葡萄酒を聖別して、聖体の秘跡が行われる典礼。

なにやら複雑な意味がこめられているようです。

 

ミサはカトリック教会でのみ使われる言葉だということです。

 

ミサが行われる様子をみてみよう

フランスのパリといえばノートルダム寺院が観光地としても有名です。

 

観光ツアーでプランの中に入れることも可能。

 

タイトルは 「messe de noel notre dame de paris 」
 


 

動画の長さは全部で1時間20分です。かなり長いです。

 

ミサの雰囲気は十分にわかります。

 

年始年末を表すいろいろな言葉

 

Jour de l’An 元旦

 

fin d’anée   年末

 

la naissance de Jésus  イエスの生誕

 

Créche  クレッシュ (イエスが生まれたときの様子をあらわした置物)

 

Créche  はあまり馴染みがないですね、クリスマスツリーは日本にいっぱいありますけど。

 

さすがに、クレッシュはとても宗教的なものなので、ファッション感覚で置くには、、、。

 

クレッシュにはどんな内容が含まれている?

 

クレッシュにはいったいどんなものが含まれているのでしょうか。

 

じっくりと見たい人には、こちらのビデオがオススメ。

 

なかなか本格的に、クレッシュをハンドメイドしています。

 

かなり時間もかかりそうです、材料もいろいろと必要です。

 

できるだけ、本物のような雰囲気をかもしだすために、本物の枝や落ち葉などを使用。

 

サクサクとつくらないと、おやつのバナナも食べる暇がないほどです。

 

タイトルは「クリスマスのクレッシュを作ってみよう、Faire une crèche de Noël」

 


 

最期までみたのですが、なんで中身がないんでしょう。

 

つくったのは、なんだかすさまじく、古ぼったい小屋と、池のある土地だけです。

 

中身がなかった、、、

 

中身はみんな持っていて、小屋だけ作り変えるというのが定番?

 

もう一つほかのビデオもみてみたけど、やっぱり小屋だけつくってました。

 

謎だ。

 

 

 

スポンサードリンク



クリスマスシーズンにちなんで~聖母マリア様の親戚

クリスマスシーズンにちなんで~聖母マリア様の親戚

クリスマスといえば、フランスなどではとても大切な行事です。

 

いつもはバラバラに住んでいる家族が集まるのです。

 

日本でいうお正月に近い感覚です。

 

日本のクリスマスはどちらかというと、飲み会。

 

子供たちが甘いものとプレゼントをもらう行事。

 

恋人がいない人はクリスマスを口実に思いを打ち明けるとか。

 

そんな日です。

 

と人とのつながりをたどっていくと、クリスマスのつながりにはやはり聖母マリア様がいます。

 

今日は聖母マリアの家族、家系についてアラビア語で学んでみたいと思います。

 

聖母マリア様

 

聖母マリア様は、ユダヤの民です。

そしてそのユダヤの民のなかでも預言者が多くいる「イムラーン」という家系の生まれです。

聖母マリアはアラビア語では「マリヤム」といいます。

 

聖母マリアが生まれるまえ、彼女の母親は神様にこう祈ったといいます。

 

「どうか子供を授けてください、授かったならば神に仕える身としてささげます」

 

願いは叶って、子供がうまれます。

 

当時のユダヤの民の社会では、神につかえることができるのは男性のみでした。

 

ユダヤの寺院にはいって、祈ることができるのは男性のみだったのです。

 

でも、そこは「イムラーン家」という由緒ある一族のゆえんでしょう、特例が許されました。

 

寺院の外の隅っこのほうに小さな小屋というか部屋を与えられます。

 

6歳ぐらいまで母の元で過ごしたのち、エルサレムにあるその寺院に行って過ごしました。

 

 

マリアム様の親戚

 

マリアムというのはアラビア語で こう書きます。

 


 

イムラーン家 というのはこのように書きます。

 

マリアム様が一人でエルサレムにある寺院で過ごしているときには後見役として親戚の人。

母方のおばと結婚をしていた、預言者ザカリーヤーでした。

 

このイムラーン家というのは、預言者がたくさんいる家系だったのです。

 

 

アラビア語で「おじ」「おば」の読み方

 

アラビア語で 母方の 叔母は  ハーラ

 

母方の叔父は  ハール

 

父方の 叔母は  アンマ

 

父方の叔父は   アンム

 

といいます。

日本では、おじとおばの見分け方は漢字でのみしますが、アラビア語では言葉で区別があります。

 

現代のアラビア語社会でのコミュニケーション

 

アラビア語を話す国はたくさんありますが、例としてエジプトをあげてみます。

 

この「おじ」と「おば」という言葉はエジプトで生活する際に非常に役に立ちます。

 

家に遊びに来る人というのは、おおきく囲って「親戚」の場合がたいへん割合として多いです。

 

友達と出会うのは、家の外であるカフェテリアだとか、ナーディという会員制のクラブでのことが多いのです。

 

そして、紹介をしてもらうときに、名前とプラス其の人との関係がいわれます。

 

マリヤムの親戚のザカリーヤさんを説明すると

 


サイイドナー ザカリーヤ ゴウズ ハーラット マリヤム

イブナット イムラーン ワ アブー サイイドナーヤヒヤー

 

サイイドナー ザカリーヤ 預言者ザカリーヤは

 

ゴウズ ハーラットマリアム マリアムの 母方の叔母の夫で

 

イブナットイムラーン  イムラーンの息子で

 

ワ アブーサイイドナーヤヒヤー 預言者ヤヒヤーの父おやです。

 

かなりこんがらがる表現だと思います。

 

でも1400年前から存在する本のなかと同じような表現で、今もアラビア語で親戚は表現します。

 

 お知らせ

 

 アラビア語に興味のある人が読んでわかる、アラビア語のメルマガを発行中です。
 

 今ならクリスマス直前電子書籍プレゼントキャンペーンのお知らせもあります。

 

 よかったら登録してみてください。

 

 ↓↓