カテゴリー:秘密のアラビア語シリーズの記事一覧

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

  • 秘密のアラビア語シリーズ
カテゴリー:秘密のアラビア語シリーズ
エジプトのピラミッドのそばでフンコロガシをみることはできますか?
エジプトのピラミッドのそばでフンコロガシをみることはできますか?

エジプトのピラミッドのそばでフンコロガシをみることはできますか?

 

 

エジプトにまだ行ったことがなかった時、ピラミッドの周りにはフンコロガシが必ずいると思っていた。

 

ピラミッドとフンコロガシの関係は、近所でよく見かけるコガネムシとマンションみたいな距離感でいた。

 

近所でよく見かけるコガネムシは、夏突然飛んできて人の頭に「スッコーン」と当たったり。

 

階段の途中で息絶えていて、注意しないでいると田舎に立っているマンションなどでは、よく踏みつぶしてしまう。

 

コガネムシとフンコロガシは同じ種族?

 

コガネムシとフンコロガシをどうして、同じような取り扱いにしてしまったものかとものすごくあとで気が付く。

 

エジプト人がコガネムシをみて、「コンフェサ」といった。

 

フンコロガシもあれも「コンフェサ」だという。

 

そういうこともあって、次第にコガネムシとフンコロガシは同じ虫で住む場所が違うだけと思うようになった。

 

ちらりとフンコロガシについてウィキペディアをみたところ、「コガネムシ科」に属しているのでそれほど間違いでもなさそうな気配はする。

 

コガネムシとフンコロガシの虹色の羽

 

テレビのクイズ番組にでてくるフンコロガシは、黒くて、まったくエジプトの壁画に描かれるような虹色の羽があるようなかんじではない。

 

実際に、羽を出して飛んでいるところみたところがないから、エジプトの強い日差しの太陽を浴びて飛んだならば虹色に見えるのかもしれない。

 

コガネムシは、羽をだすまえから、かなり派手にきれいな緑でぴかぴかとしている。

 

小さいときには、あの金属っぽい体は昆虫の振りをしているけれども、本当は小さい宇宙船のようなもので中には小さな宇宙人が入っていると思っていた。

 

今でも時々、99パーセントぐらいは、本物のコガネムシかもしれないけど、よく見たらコクピットに座っている宇宙人と目があうことがあるかもしれないと思う。

 

コガネムシはあまり近づいてみないことにしている。

 

長くなってしまったけれど、ピラミッドには何度もいったけれども、フンコロガシを見かけた覚えがない。

 

観光地で踏みつぶされそうに人があるくようなところにはいないのかもしれない。

 

もっと砂漠の内部に住んでいるのかもしれない。

 

こういうときに、クイズ番組でフンコロガシの住んでいる詳しい場所をなんといっていたのかまったく思い出せない。

 

いつもエジプトに行くときの課題にする。

 

フンコロガシのことはそういうわけで、暇になるとぐるぐる考えることの一つになってしまっている。

 

ピラミッドのそばに住んでいたときも、、フンコロガシは庭には飛んでこなかった、まったくカナブンのように頻繁にあらわれる虫ではないようだ。

 

ピラミッドにいくといつも、石の上にすわったり、黄色い地面が突然きれて町がはじまる部分を眺めたり。

 

ピラミッドに意識がむいてしまって、どうしてもフンコロガシのことは忘れてしまう、

 

、、

ピラミッドはフンコロガシよりだいぶ大きいから仕方がないのかもしれない。

 

アラビア語の歌を聞いてみようフランスでのカヌーン演奏付き~「来るっていったからケトルを火にかけたのに」

 

長距離を移動中Youtubeは欠かせないです。

 

今日の気分にピッタリの声に出会える、名付けて「偶然の出会い語学学習法」なるものを私は実践するから。

 

それはいったい何かというと、うーんと頭を巡らせて、ぴったりと額の間にはりついてきた単語で音楽を検索するという方法。

 

iphoneのキーボード設定(言語設定)をアラビア語を選びます。(フランス語の時はフランス語の言語設定にしておきます。)

 

それから、話しかけて検索してもいいし、手でポチポチ打ち込んでもいい。

 

そこででてきたよさそうな曲を聞くという語学学習方法。

 

**

アラビア語は興味があっても、文法のずっしり詰まった本がおおいので、
気軽にアラビア語が学べると好評の
アラビア語メルマガはこちらから登録ができます。

 
 ↓
アラビア語がさらっと学べるメルマガです。

 

 

今回選んだ曲は「カフワ」

 

エジプト風に発音すれば「アフワ」

 

レバノン風に発音すると「アフウェ」

 

この間額の間に浮かんできた単語は「قهوة」。

 
こちらのページでは、カフワの発音と、カフワの意味がわかります。
 ↓↓
アラビア語を色から覗いてみよう~茶色

 

Youtubeが選んできた曲はAbeer Nehmeさんという女性シンガーだった。

「アフウェ」を聞いてみよう

 


 

どんな雰囲気の曲だろう?

 

画像では髪の毛を風になびかせて、特に伝統的な服装をしているわけではないけれど、楽曲をきいてみたらアラブの伝統的な楽器が使われている雰囲気の曲だった。

 

手拍子とタブラもお決まりで入っている。

 

世界はラブソングでできているという、チャンネル名を見かけたことがあるけれど、本当に歌というのはみんなラブソングなんだなと思う。

 

この曲もラブソングだった。でもちょっと悲しめ。

 

「うちに来るっていったから、ケトルを火にかけたわ」

という出だし。

 

でも夜が更けて、近所もねしずまったけれどなんの音沙汰もない。

 

コーヒーもとっくの昔にさめてしまったと歌は続く。

 

現代のアラブ人(エジプトの若者を参考にして考えた)はフェイスブックだとか、Viperだとか、Wats UPを使い倒して

一日中やりとりをしている。

 

この歌の歌詞の進んでいくリズムはまだ電話の時代の話なのかなと思ったりする。

 

いまどこ?とか気軽に相手に電話をしていないから。そうおもうんだけど。

 

スポンサードリンク



アラビア語で歌詞をみてみよう

 

アラビア語の文字がよめなくても、聞こえてきた音はアルファベットに置き換えると意外と聞き取れることがわかる。

 

なので、アラビア語の文字の横に、アルファベットで発音補助のように書いてみる。

 

カタカナよりかはだいぶまし同じ子音を中心とした言葉仲間だからかな。

 

Eltelli jyai ziyara

 


 

 

wa hataiyet al rakwa an naar

 

簡単にアラビア語の意味をチェック

 

あなたは、私に言った

 

(私のところへ)来るって

 

訪問

 

そして

 


 

私は置いた

 

コーヒーポット

 

上に

 

 

レバノン方言とエジプト方言

 

一緒に歌っていると、微妙にいつも耳にしているアラビア語(はエジプトのです。)と違うなと思ったら「カフワ」をうたっている歌手の方

 

ABEER NEHMEさんはレバノン出身の方でした。

 

どこらへんが、レバノンでどの辺がエジプトか少しだけ比べてみます。

 

(あなたは私に言った)

Eltelli エルテッリ  (レバノン)

 

Oltelli オルテッリ   (エジプト)

 

(来るって)

Jyai  ジャーイ      (レバノン)

 

Gai   ガイ      (エジプト)

 

(私は置いた)

hataiyet  ハタイエット  (レバノン)

 

hotteit   ホッテイト    (エジプト)

 

アラビア語を始めたい人で、いったいどのアラビア語を学べば、、、と悩んでいる人には

 

こちらのメルマガがおすすめ、なぜなら方言も聞き取れるようになる正則アラビア語が学べるから

 

 ↓↓
アラビア語って、難しいとおもったけど案外「面白い」と思うメルマガ

 

 

レバノン出身のAbeer Nehmeさんはどんな人?

 

歌手の方などは、公式のフェイスブックなどで発信をしていることもあります。

 

最近の活動などがフェイスブックのほうなどにもアップされていることがあるので、見てみると面白いかもしれません。

 

公式 ABEER NEHMEさんのフェイスブック

 

アビールさんはまさに音楽をするために生まれてきたといってもいいような、経歴の持ち主です。

 

「カフワ」の曲しかまだ聞いていないのですが、「ありとあらゆるジャンルの音楽が可能」という才能の幅というふうに、ウィキペディアには書いてあります。

 

  • オリエント伝統様式
  • レバノン音楽
  • マイノリティーである SyriacーAramaicの宗教音楽
  • ギリシアのビザンチン教会の音楽
  • オペラ
  • 洋楽
  •  

    聞いたことのないようなジャンルもあります。

     

    このような様々な音楽を様式にとらわれることなく表現できるというのはいったいどんな歌声なんだろうと興味を持ちませんか?

     

    その中でも目を引いたのは、アビールさんはアラブの伝統楽器カヌーン奏者でもあるというところです

     

    カヌーン、、、これも聞いたことないです。なので最後に

     

    カヌーンの楽器と音楽を聴いてみたいと思います。

     

    パリで行われる Monde Arabe Paris でのカヌーンの演奏です。

     

    *これは アビールさんではなく、ほかの演奏者のものです。

     

    ローマ法王が決めたカレンダー~太陰暦と太陽暦

    もうすぐ2018年ですね。

     

    普段それほど行事などを意識しないのが現代の生活スタイル。

     

    そう思いますけれども、やはり年が新しく変わるというのは、心持ち気分がワクワクしたり、期待感というのが生まれてくるものです。

     

    この2018年に移る代るときに眺めているカレンダーは、グレゴリオ暦といいます。世界がこのように密接になってくると、同じカレンダーを使ったほうが便利だからです。

     

    グレゴリオ暦を使いましょうといったのは、なんとローマ法王。1582年の10月15日にそれまで使っていたユリウス暦をやめて使うことになりました。

     

    でも、実はカレンダーといっても実に様々なものを普通に使っているんです。人間の生活はなかなか単純に割り切れないものなのかもしれません。

     

    カレンダーは一つじゃない

     

    海の男のカレンダー

     

    カレンダーって色々なスタイルがあります。

     

    例えば、今私の目の前においてあるのグレゴリオ暦の今世界で一番スタンダードなカレンダーです。

     

    でも、一か月ごとにカレンダーが見えるタイプではなくて、3か月が一目で見渡せるつくりになっています。

     

    これは、世界中を公開する船が日本から出発する際、近くの港へは数日でつきますが、カリブ海周辺や、南米などになりますと、平均して一か月ほどかかるからです。

     

    月の真ん中に船が出たら、その船が港に入るのは次の月。航路によっては、1か月半かかるところもあります。なので3カ月分が見渡せるととても便利というわけです。

     

    田舎のおばあちゃんのカレンダー

     

    田舎のおばあちゃんのうちにはカレンダーは2つありました。小学生の時を思い出してみます。

     

    農協の人がもってくる、一か月ごとが書いてあるカレンダー。

     

    これはどちらかというと、カレンダーについている写真が大きくて、日付はたぶん老眼のおばあちゃんには見えにくいんだと思う。

     

    それで、目の高さにある柱には、でっかい数字がかいてある、分厚い日めくりのカレンダーが釘にぶらさがっている。

     

    ペラペラの紙でできているのに、365日はやはりそれなりに分厚い。

     

    そして、数字だけではなく、いろいろと細かいことが書いてある。今となってはもう思い出せないけれども、農業カレンダーもかねていたり、大安などのことも印刷されていた。

     

    月の満ち欠けなんかも書いてあったかもしれない。

     

    とにかく、数字がでっかくて、ふちっこにはいろいろと小さな文字が赤と黒でレイアウトされている面白いカレンダーだった。

     

    日本のカレンダーというのは、グレゴリオ暦=太陽暦と太陰暦が折衷になったカレンダーが使われているといいますが、きっとこのでっかい日めくりカレンダーが
    その折衷の例だったのかなと思いました。

     

    女性のためのカレンダー

     

    新年の前には本屋さんにたくさんの手帳が並びます。その中には月の満ち欠けカレンダーがはいっている手帳があります。

     

    月の満ち欠けというのは女性の体と密接にかかわっているので、月経に合わせて食事を変えたり、気持ちの上り下がりを把握したりするのに使ったりします。

     

    純粋太陰暦

     

    イスラームではヒジュラ暦というのがあります。おそらく主要なカレンダーとして使われているもののなかで、純粋太陰暦。

     

    月の満ち欠けだけを起点にしているのは、イスラーム暦とか、ヒジュラ暦だけです。(ユダヤ教徒の人も太陰暦のカレンダーを使っているそうです。)

     

    預言者ムハンマドがマディーナに活動の拠点を移したことがきっかけになっています。ヒジュラという意味は=移住という意味があります。

     

    このヒジュラ暦なのですが、月の名前が季節と一致しません。西暦のカレンダーと合わせてつかっていると、毎年約10日ずつずれていきます。

     

    イスラームでは、断食月がとても大きな意味を持ちます。カレンダーの中にもラマダーンというのは、月の名前にもなっています。

     

    西暦のカレンダーよりも約10日ずれるということで、いいことがあります。

     

    それは一か月のラマダーンの季節が一日の最も長くなる「夏」だけにとどまらないということです。

     

    ラマダーン月というのは第9番目の月です、普通のカレンダーでいったら残暑の厳しい9月。これが毎年9月に来ると思うと、なかなか大変だなと思うわけです。

     

    それが、10ずつずれることで、さまざまな季節に断食をすることができます。冬の日の短いときにする断食は本当に断食?というぐらい楽にできます。

     

    2017年12月31日はヒジュラ暦ではラビーウッサーニー(ラビーウアーヒラ)の13日目でした。

     


    英語でみてみよう、ヒジュラ暦カレンダーとグレゴリオカレンダー併用

     





     

    そのほかに個人的なカレンダー

     

    一般に公開されることのないカレンダーというのも存在します。個人的な計画、野望などがぎっしりと書き込まれたカレンダーです。

     

    そのカレンダーは常に修正されながら、しっかりと人生の羅針盤的な役割を果たしているといわれています、

     

    お知らせ

     

    今月の上旬、今までずーっと自分の中では当たり前すぎたことを、AMAZONで表現してみました。

     

    地味ながらもダウンロード数が増えて、毎日一人の方が、

     

    多いときには37名の方、、(( ゚Д゚)が 目を通して下っているようです。

     

    ベストセラーに3日に一度は輝くという快挙です。

     

    とてもうれしいことだと思います。御礼キャンペーンとして、こちらではプレゼントを配布中です。

     

    (先日何名の方がまた登録をしてくださいましたが、携帯メールですと、届かないことが多いので、gmailかパソコンのメールで受信できるようにしてください。)

     

     ↓

    アラビア語プレゼントキャンペーン中

    クリスマスシーズンにちなんで~聖母マリア様の親戚
    クリスマスシーズンにちなんで~聖母マリア様の親戚

    クリスマスといえば、フランスなどではとても大切な行事です。

     

    いつもはバラバラに住んでいる家族が集まるのです。

     

    日本でいうお正月に近い感覚です。

     

    日本のクリスマスはどちらかというと、飲み会。

     

    子供たちが甘いものとプレゼントをもらう行事。

     

    恋人がいない人はクリスマスを口実に思いを打ち明けるとか。

     

    そんな日です。

     

    と人とのつながりをたどっていくと、クリスマスのつながりにはやはり聖母マリア様がいます。

     

    今日は聖母マリアの家族、家系についてアラビア語で学んでみたいと思います。

     

    聖母マリア様

     

    聖母マリア様は、ユダヤの民です。

    そしてそのユダヤの民のなかでも預言者が多くいる「イムラーン」という家系の生まれです。

    聖母マリアはアラビア語では「マリヤム」といいます。

     

    聖母マリアが生まれるまえ、彼女の母親は神様にこう祈ったといいます。

     

    「どうか子供を授けてください、授かったならば神に仕える身としてささげます」

     

    願いは叶って、子供がうまれます。

     

    当時のユダヤの民の社会では、神につかえることができるのは男性のみでした。

     

    ユダヤの寺院にはいって、祈ることができるのは男性のみだったのです。

     

    でも、そこは「イムラーン家」という由緒ある一族のゆえんでしょう、特例が許されました。

     

    寺院の外の隅っこのほうに小さな小屋というか部屋を与えられます。

     

    6歳ぐらいまで母の元で過ごしたのち、エルサレムにあるその寺院に行って過ごしました。

     

     

    マリアム様の親戚

     

    マリアムというのはアラビア語で こう書きます。

     


     

    イムラーン家 というのはこのように書きます。

     

    マリアム様が一人でエルサレムにある寺院で過ごしているときには後見役として親戚の人。

    母方のおばと結婚をしていた、預言者ザカリーヤーでした。

     

    このイムラーン家というのは、預言者がたくさんいる家系だったのです。

     

     

    アラビア語で「おじ」「おば」の読み方

     

    アラビア語で 母方の 叔母は  ハーラ

     

    母方の叔父は  ハール

     

    父方の 叔母は  アンマ

     

    父方の叔父は   アンム

     

    といいます。

    日本では、おじとおばの見分け方は漢字でのみしますが、アラビア語では言葉で区別があります。

     

    現代のアラビア語社会でのコミュニケーション

     

    アラビア語を話す国はたくさんありますが、例としてエジプトをあげてみます。

     

    この「おじ」と「おば」という言葉はエジプトで生活する際に非常に役に立ちます。

     

    家に遊びに来る人というのは、おおきく囲って「親戚」の場合がたいへん割合として多いです。

     

    友達と出会うのは、家の外であるカフェテリアだとか、ナーディという会員制のクラブでのことが多いのです。

     

    そして、紹介をしてもらうときに、名前とプラス其の人との関係がいわれます。

     

    マリヤムの親戚のザカリーヤさんを説明すると

     


    サイイドナー ザカリーヤ ゴウズ ハーラット マリヤム

    イブナット イムラーン ワ アブー サイイドナーヤヒヤー

     

    サイイドナー ザカリーヤ 預言者ザカリーヤは

     

    ゴウズ ハーラットマリアム マリアムの 母方の叔母の夫で

     

    イブナットイムラーン  イムラーンの息子で

     

    ワ アブーサイイドナーヤヒヤー 預言者ヤヒヤーの父おやです。

     

    かなりこんがらがる表現だと思います。

     

    でも1400年前から存在する本のなかと同じような表現で、今もアラビア語で親戚は表現します。

     

     お知らせ

     

     アラビア語に興味のある人が読んでわかる、アラビア語のメルマガを発行中です。
     

     今ならクリスマス直前電子書籍プレゼントキャンペーンのお知らせもあります。

     

     よかったら登録してみてください。

     

     ↓↓