カテゴリー:秘密のアラビア語シリーズの記事一覧

美しいフランス語と秘密のアラビア語

言葉は異文化コミュニケーションの鍵

  • 秘密のアラビア語シリーズ
カテゴリー:秘密のアラビア語シリーズ
アラビア語で自然を表す言葉を学んでみよう~すべては水から始まる
アラビア語で自然を表す言葉を学んでみよう~すべては水から始まる

古代エジプトといいますけど、その時代というのは結構ながいです。古代エジプトの神話というのも時代によっていろいろあります。

 

その中の一つの神話では、すべての神々は海から生まれたというものもあります。

 

そのときに登場する海はヌンといわれます。

 

アラビア語で海は?

 

海の神 ヌンという言い方ではなくて、ヌンそのものが海と同じに語られます。

 

当時の人がヌンと発音していたかどうかはわかりませんが、現在エジプトの

 

地に住む人々は海をアラビア語で「بحر 」と表現します。

 


 

エジプトは世界で最も長い河であるナイル河があり、古代エジプトも

 

ナイルの賜物とヘロドトスが語っているように、ナイル河という水源があってこそ繁栄したのです。

 

そんな大切な水を古代の人々がすべての神々を生み出した源泉と考えるのも

 

何となく納得できてしまうかもしれません。

 

アラビア語で水に関する表現です。

 

まず、先ほど登場した 海  バハル

 

それから湖 は 海から派生した言葉で ボヘイラ

 


 

砂漠にあるオアシスは ワーハ

 


 

ミネラルウォーター

 

エジプトで売られているミネラルウォーターは各地のオアシスが原料になっているので、

 

ミネラルウォーターの名前にはオアシスの名前がついているものもあります。

 

よくエジプト滞在中にどの水がおいしいか飲み比べたりしていました。

 

どれがおいしかったのか忘れてしまって残念です。

 

シーワ・オアシスというのがあって、そこからの水がボトリングされている、

 

シーワという商品名のお水もありました。

 

アラビア語で水はなんと表す?

 

マーっ

 


 

マという音は赤ちゃんでも簡単に出せる音のうちの一つです、

 

マンマー  ンマ どと、初めての言葉といえるかどうかわかりませんがなんだか

 

言葉っぽく口からでる最初の音は「マ」です。

 

生きるために大切な水が「マ」という音をもっているのはなにか意味があるのかもと思ったりします。

 

エジプトアラビア語では水は?

 

先ほど上げた 水という言葉は正則アラビア語で表現したときです。

エジプトアラビア語で日常的に話される水という言葉は「マイヤッ」といいます。
 


 

水にまつわるアラビア語

 

水と同じ 綴りをもったほかの言葉

 

マーッ と同じつづりが単語の中にはいっているものを2つあげてみます。

 

血  

 

単数形 ダム

 


 

複数形 ディマーッ


 

空 

 

 

注目ポイントは、ミーム アリフ ハムザ と同じ部分が 血の複数形にも、空にも入っているのがわかりますか?

上のアラビア語は 水というアラビア語で、ミーム アリフ ハムザ 並んでいます。

新しい言葉を覚えるときには、似ている部分を見つけて印象づけていくととても覚えやすいです。

 

たとえば、血は 赤い水のようだということで、 

 

空は水が落ちてくる場所ということで、

 

編集後記

 

改めて最近古代エジプトの遺跡などを眺めてみるのですが、

 

面白いですね。それにとても美しいです。

 

時代が変わって、そこに住む人々のいろいろが変わっても、

 

エジプトという土地には必ず神の存在が日常に溶け込んでいることを

 

感じることができます。

 

最後に、原始の神々を作ったとされる海=ヌン の姿を

 

遺跡の中にみることのできる場所があります。

 

セティ一世の遺跡の中に描かれています。

 

遺跡の中に彫られている神が誰なのか知る手がかりは、直ぐそばにあるヒエログリフが

 

ヒントになります。

 

ヌンは水にまつわる存在なので、3つの水がめ、 ギザギザ模様の波、水がめをおく台座 この

3つで構成された文字が カルトゥーシュの中にはいっているのでよーーーーく見ると

どこにあるかわかるかもしれません。

 

 

この映像の中にヌンがいるかな??、これはアビドスの遺跡です。

 

 ↓

 

今日登場した古代エジプト神話の神は ヌンでしたが、個人的に好きな夜の女神さまについての記事もあります、

合わせてどうぞ。

 ↓↓

 

 

古代エジプトの遺跡とか神話はやっぱりいいわね~と思われているそこのあなた!
エジプトに観光に行くときに「ふっと」エジプトの内側へ入れる方法が
あります、、それは。メルマガで。
 ↓

エジプトの木曜の夜は花嫁が増えるそのワケは?(メルマガメンバーさん限定記事)
エジプトの木曜の夜は花嫁が増えるそのワケは?(メルマガメンバーさん限定記事)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

アラビア語で方向を表す言葉~天空の女神ヌートの足先(メンバー限定記事)
アラビア語で方向を表す言葉~天空の女神ヌートの足先(メンバー限定記事)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

エジプトの天空の女神~アラビア語で夜を表すと?
エジプトの天空の女神~アラビア語で夜を表すと?

古代神話においては、世界各地に様々な神様が登場します。

 

日本でも、ギリシアでもエジプトでも。

 

もしそんな古代の神様の中で一番好きなのはどれですか?

 

といわれたら「天空の女神ヌト」を迷わずあげてしまいます。

 

夜と天空をつかさどる女神の名前

 

ヌトとかヌートというのはローマ字で書くと、NとT の音が入ります。

 

すでにヒエログリフではどんな発音をされていたのかまったくわからないので想像にまかせるしかないのですけれど。

 

古代エジプトの文化というのは、そのままギリシア文化にも深い影響を及ぼしていますので、ヨーロッパ言語とはいくらか繋がりがあるのかもしれません。

 

NUTが夜を表す言葉として現代にも語り継がれていると思うとおもしろいですよね。

 

 




 

フランス語で夜は女性名詞

 

たとえばフランス語で「夜」は LA が冠詞につきます。

 

夜が女性名詞だからです。

 

姉妹のような関係にあたる、スペイン語ではどうでしょうか La noche  でやはり女性名詞で LAがつきます。

 

夜というのは女性と関係がある?

 

古代エジプトでは天空の女神NUT は 天空にある星々を生み出すというか再生させる存在として考えられていました。

 

太陽も例外ではなく、女神NUTが飲み込んでまた生み出すものの一つでした。

 

エジプトの壁画を簡単にみられる方法として、お土産やさんにあるパピルスペーパーに描かれた図柄が参考になります。

 

NUTは大地をアーチ型に覆うようにするポーズでえがかれます。

 

ときどき星のちりばめられたブルーのドレスを纏っていることもあります。

 

NUTの体のなかを太陽が通っていって、生まれるという図もえがかれます。

 

壁画の絵というのは当時の人々の考え方がそのまま描かれているので、詳しく解説を聞くとへ~ってなります。

 

女性を表す表現

 

女性とか女神というのは何かを生み出すものの象徴として語られてきました。

 

例えば大地の女神とかですね。

 

大地というのは穀物や植物がはえてくる土台というか母体のような働きをするので、女性にたとえられます。

 

アラビア語で夜

 

アラビア語で夜はなんというのでしょうか。

 

NUTのように NとTの音が入った単語なのでしょうか。

 

アラビア語で夜は ライラ  といいます。

 

女性の名前でライラとつけることもよくあります、音としてもとてもきれいだなと思います。

 

千夜一夜物語のアラビア語で題名をいうと、アルフ レイラ ワ レイラ といいます。

 

 

アルフ 千

 

ライラ  夜

 

ワ と

 

最後にパピルスペーパーに描かれたNUTの絵が見られるYOUTUBEがあるので興味がある方はどうぞ。

 

 ↓↓

アラビア語について興味がある人はこちらの記事もおすすめです。
 ↓

女神ヌートの足先について
 ↓